dropped44

 大好きなペットを何らかの事情で手放さなければいけない、そんな状況に陥ってしまったお友達もいるのだろうか。しかし、里親制度を通じて、出会うはずのなかった元飼い主と新しい飼い主に絆が生まれることもある。

 今回4歳のゴールデン・レトリバーララさんを引き取った里親さんが、頃合いを見て元飼い主のご家族との再会するスケジュールを組んだ。するとどうだろう。大喜びするララさんから、今まで見えなかったことが見えてきた。
スポンサードリンク


里親犬 元の飼主さんと再会

 愛犬といつまでも一緒に暮らしたい、それは健全な飼い主ならみんなが思うことだ。しかし時として、それが許されなくなってしまうこともある。自身が病になったり、仕事の都合などさまざまだ。今回は飼い主であった方が闘病していたと、動画の概要欄に記されている。

 「病気になるなら飼うんじゃない」なんて意見もコメント欄にあったようだけど、マランダーではそういうのはやってない。ララさんの喜び、元飼い主さんとの間に見える愛情に注目してほしいんだ。


 ララさんと先住犬のケンさんはそろって、車から降りてくる人を見つめている。ララさんには匂いで思い出せるのではないだろうか。懐かしいお母さんの香りだ!

 手前がケンさん、奥がララさん
 じっと車の方向を見つめている
dropped44

 以前の飼い主女性にあうなり、ララさん大興奮!
 そんなララさんを見て、ケンさんも大喜びだ
dropped45

 ララさんの嬉しそうなこと
dropped43

 「久しぶりだね、会いたかったよ」言葉はないけど、そんな気持ちの見えるハグだ
dropped46


 「元飼い主」と一口に言っても、そこには様々な人間模様があるようだ。ある人は犬を人間不信にしてしまう。ある人は愛情たっぷり育ててきたが、泣く泣く手放さなくてはいけなくなったり。今回のララさんはどうやら後者の元飼い主さんにより愛し愛され育てられお別れし、今の飼い主さんに出会い、またしても愛し愛されくらしているようだ。だからこそ、この再会がこんなにもあたたかなものとして成立しているのだろう。

 犬を通じて人間同士だってつながることができるのだ。まるで親戚同士が気軽に会うかのようにララさんは屈託なく再会を喜んでいる。

 下記の動画は別日に行われた再会を撮影したもののようだ。


里親犬 元の飼主さんと再会 【娘の旦那さん編 】

written by kokarimushi

あわせて読みたい
飼い主さんが帰ってきた!文字通り「目を細めて」よろこびを表現するゴールデン・レトリバーの愛らしさよ


3年前に相棒を亡くしたゴールデン・レトリバー、クリスマスにもらったのは小さなお友達だった


人間ガールズのジムにお付き合いするゴールデン・レトリバーのはしゃぎっぷりときたら


大好きだからパパの膝はぼくの席。飼い主から離れないゴールデン・レトリバー犬


ほのぼのブランコを楽しむゴールデン・レトリバーの赤ちゃんズ



このエントリーをはてなブックマークに追加