bikernelephant6

 さわやかな新緑の季節が始まろうとしている。ツーリングにはもってこいの季節である。大自然の中を気持ちよく走っていたら、野生動物と遭遇しちゃったなんて経験のあるお友だちもいるんじゃないかな。

 だがもしこんな動物と接近遭遇してしまったらどうだろう。感動もするかもしれないが、身の危険を感じる気持ちのほうが、いや、愛するバイクの身を案じる気持ちのほうが大きいんではなかろうか。
スポンサードリンク


Thai biker has stand off with an ELEPHANT in the middle of the road

 事件が起きたのは、タイのカオヤイ国立公園。バンコクの北東に位置するジャングル地帯だ。ここを通りかかったバイカーが、緩やかなカーブを曲がったところ、前方にゾウさん発見!

bikernelephant1

 慌ててバイクを放置し、逃げ出すバイカーと彼女さん。
bikernelephant3

 ゾウさんはバイクに興味津々。
bikernelephant4

 今にも踏みつぶされそうで、見ているこっちはハラハラドキドキだ。
bikernelephant5

 やがて満足したのか、ゾウさんは森の奥へと消えて行った。道路にはいつもの交通が戻り、バイクも無事でよかったよかった。

bikernelephant7

 ここで「よかった」と言ったのは、実はこの国立公園内では、バイクとゾウの遭遇が問題になっていて、たびたびこんな事件が起きていたからなんだ↓↓。


The Elephant Story 027: Elephant vs. Big Bike

 カオヤイ国立公園は、野生のゾウが生息する貴重なエリアだ。バンコクから近いこともあって、観光客が多く訪れる場所でもある。公園当局には、深刻な事故が起こる前に公園内でのバイクの走行を禁止することを検討すべきとの声もあるそうだ。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
「何もしないよ。だからどうか静かに去ってほしい」アフリカゾウと冷静に対峙するサファリガイド


お話の途中ですが遊ぼー!と、撮影の邪魔をして来るアフリカゾウの赤ちゃん


ちょっとどいてください。カメを足元からどけるゾウ、ちょっとフットサルめいていた


「オラオラオラ、アイサツに来てやったぜ!」クルマに蹴りを入れに来たゾウ


「今日のおやつは何かしら?」ゾウさんがおうちに遊びに来るインドの日常的風景



このエントリーをはてなブックマークに追加