golfbear0

 ある晴れた穏やかな午後、いつもの仲間といつものゴルフ場で、のんびりとゴルフを楽しんでいたら、突然予想もしなかったお客さんがやってきた。走ってきたのは1頭の子グマ。子供とはいえ野生の猛獣。ビックリしないわけがない。いったい何が起ころうとしているのか?
 
スポンサードリンク


Wild bear cub gives golfer a loving hug

 郊外の静かなゴルフ場で、気の置けない仲間たちがゴルフを楽しんでいたところ、彼方から近づいてくる黒い影が!

golfbear1

 なんと1頭の子グマが、こちらへ向かってまっしぐら。
golfbear2

 そしてゴルファーの男性に真っ直ぐ近づくと、くんかくんかと足元のニオイをかぎ始めたぞ。

golfbear3

 後ろ足で立ち上がり、何かを確認するように男性に触れる子グマ。
golfbear4

 男性が声をかけたところ、「あれ?」というような反応を見せ、そのまま男性から離れて走り去っていってしまった。

golfbear5

 子グマはいったい何をしに来たのだろうか。もしかして、男性を親だと思ったのかな? コメント欄でも不思議に思った人が多かったようで、いろんな意見が飛び交っていたよ。

・「パパ、迎えに来たよ、おうちに帰ろうよ、ママが待ってるよ!」
・「あれ、パパじゃない?」
・いや、冗談は置いといて、ぜったいに母親が近くにいるはずだよ
・この男性の行動は正しいよね、動かず、自分からは子グマに触れずってさ
・ちょっと痩せてるみたいだけど、お母さんとはぐれたのかな
・お腹が空いていたんじゃないの?
・てか、なんでクマが出没するようなところにゴルフ場があるの?

 まっすぐにこの男性に走り寄ったところからして、男性の何かに興味をひかれたのは間違いないと思われるんだが、それがいったい何だったのか、わかるお友だちがいたらぜひ教えてほしいんだ。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
「ふふふ我々クマーの手にかかれば、こんなゴミ箱ひとたまりも…って、あれ?」ゴミ箱とクマとの壮絶な戦いをご覧ください


「あうち!お母さん、これ取って~!」子グマの爪が貝にぱっくりはさまれちゃった


おじゃましてますよ。無邪気にハンモックで遊ぶクマの子どもたちが可愛い


いやぁ、暑いっすねぇ。人間と一緒に湖水浴を楽しむクマの親子


玄関開けたら3匹のクマ!童話「3びきのくま」の逆バージョンがリアルで起きたケース



このエントリーをはてなブックマークに追加