isi1

 世界最大のドッグショー、クラフツに登場した途端、見た人みんなのハートをつかんでしまったオリーくん。彼以上のスターは当分現れないだろうと思ったのはつい先日のことだったんだが、同じ2018年のクラフツにおいて、オリーくんの強力なライバルが現れたことが判明した。
 
スポンサードリンク


Isi & Dakota the Staffie steal the hearts at Crufts 2018

 そのライバルとは、イーストアングリアン・スタッフォードーシャーブルテリアのダコタくんと、その飼い主で4歳になるイジー・テイラーちゃんだ。

isi2

 ダコタといっしょに走り回って指示を飛ばすイジーちゃん。ときどきダコタくんがコースをそれて行っちゃっても、それもまたご愛敬。

isi3

 元気いっぱいの可愛いオーナーっぷりに、会場は暖かい声援に包まれていたよ。
isi4

 正確に確実に競技をこなしていくことも大切だけど、オリーくんやダコタくんとイジーちゃんのように、元気いっぱい楽しく思い切り走り回ってくれる様子が、見てるみんなの心をあったかくしてくれるんだよね。

 来年もまた、心温まるシーンが続出しそうな予感でいっぱいのクラフツ。マランダーでも追いかけてみるつもりなので、楽しみに待っていてね。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
そしてオリーが帰ってきた!今年もそのフリーダムっぷりでみんなのハートをゲットだぜ!


ボクは好きなように走るんだ!ずっこけ犬のおとぼけドッグショーが大人気


「ご主人のそばにいたいだけ!」ドッグショー?何それ食えるの?なピレネー犬


いつかは夢の舞台に立つのか?テレビのドッグショーに熱中するアフガン・ハウンド


「ボールは友だち!ドリブルはアタシに任せてよ!」と、サッカーの試合をすべて持っていった犬



このエントリーをはてなブックマークに追加