eaglesave2

 猿も木から落ちるというが、猛禽類であるワシの子供も、どうやら巣から落ちてしまうことがあるらしい。巣が湖のほとりにあった場合、水の中に落ちてしまうこともあるわけで、そうなるとヒナが自力で巣に戻るのは至難の業だろうと思われる。

 たまたまそんな現場にボートで通りかかった男性が、ワシの子を無事に救助した時の映像を見つけたので、みんなにも見てもらいたいと思うんだ。
スポンサードリンク


Eagle Save 2016

 今回の事件の現場となったのは、アメリカのウィスコンシン州にあるスピリット湖。ボートで湖に漕ぎ出したトニー・サーデーさんと奥さんのゲイルさんは、水面でもがくワシの子供を発見して、ボートをそっと漕ぎ寄せた。

eaglesave1

 オールを伸ばして、救出を試みるトニーさん。
eaglesave3

 うまくオールに乗ってくれたぞ。
eaglesave4

 ボートに乗せて魚を与えてみると、むさぼるように食べ始めた。よっぽどお腹が空いていたんだね。

eaglesave6

 少し元気を取り戻したのか、濡れた羽を広げるワシの子。
eaglesave7

 岸に着くと、トニーさんは親がいると思われる場所にワシの子を置いて、その場を離れた。数時間後に戻ってみると、無事に親鳥といっしょに巣に戻っていたそうだよ。

eaglesave8

 生まれてからずっとこの湖の近くで暮らしてきたというトニーさんだが、こんな風に鳥が湖で動けなくなっているのを見たのは初めてだったとのことだ。

 トニーさんは、この後もこのワシの親子の様子を見守っていてくれたようだ。冬が近づいたころ、親子はそろって元気に南へと渡って行ったそうなので、心配してくれたお友だちもどうか安心してほしい。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
「ちょっと乗っけてくださいな」ハリケーン・ハービーから避難してタクシーに乗り込んできたタカ


「なんで捕まえられへんねん!」写真の獲物を捕まえようと頑張るノスリ


「ちっ、惜しい!」檻の中にいるも知恵者なワシ、自分の餌で鳥をおびき寄せ捕食を試みる


これもまた猛禽力。傷だらけで保護されたワシ、ヒヨコたちの子育てをする


気分は猛禽類。ワシ先輩の目線でアルプス観光


このエントリーをはてなブックマークに追加