piranha0

「ピラニア」という名前を聞くと、どんな魚を思い浮かべるだろう。一瞬でほかの生き物を血祭りにあげ、食べつくしてしまう凶暴な魚。そんなイメージを持っている人も多いのかもしれないね。

 今日はまさにその凶暴さを、そのまんまフィルムに収めてしまったような映像を見つけてしまったので、興味のあるお友だちはぜひ見てほしい。
 
スポンサードリンク


Les Piranhas Attaquent le Poisson d'un Pêcheur

 南米アマゾン川にボートを出して、釣りを楽しむご一行。1人の男性が狙ったポイントに釣り糸を投げ入れる。

piranha1

 お、何かがかかったようだ。
piranha2

 手ごたえを感じて、リールを巻き取る男性。
piranha3

 だが、引き寄せられてきた獲物の様子がおかしいぞ!
piranha4

 なんと、釣り針にかかった魚は、そのままピラニアたちの餌食になってしまったのだった! おやまあ、あらまあ、笑うっきゃないような状況に、男性も思わず苦笑い。

piranha5

「ピラニア」というのは、アマゾン川など南米の淡水域に生息している肉食魚のことである。歯は鋭く恐ろしげだが、食べると美味で現地では食用にされている。カラシンの仲間なんだけれど、以前に紹介したコロソマくんや、ペットとしてもおなじみのテトラやハチェットもそのカラシンだ。

 ピラニア自体もペットとしてはけっこうポピュラーなので、ご家庭でも気軽に飼育できちゃったりするのだが、生餌なんかを与えた日にはその獰猛っぷりを堪能させてもらえることもあったりする。ワイルドなお魚さんを愛でたいお友だちにはおススメである。

 キレイな色とお手頃なお値段、サイズもペット向きなピラニア・ナッテリーさんたち。

1200px-Serrasalmus_nattereri_sbp1_e
image credit:.:Ajvol:.

written by ruichan

▼あわせて読みたい
「ちょ、待って待って、ロープロープ!」水族館の水槽の中で魚を食べようとするエイがいた


いやソレ、最初から無理があったと思うよ。カメを一飲みにしようとしたナマズの失敗


池の中からコンニチハ!水槽を逆さに置いてみたら、でっかい魚がやってきた


クルージングのはずが…獲ったどー!!!なぜだかボートに飛び込みまくる魚の正体は?


何があっても子孫は残す!道路を渡るサケたちのど根性っぷりがお見事



このエントリーをはてなブックマークに追加