removecat3

 車に小さな密航者が乗っていた。そんな話はいくつか聞いたことがあるかもしれない。まあ、よくあることではないにしろ、ここでもご紹介したことがあるはずだ。

 だが空飛ぶ飛行機に想定外のお客さんが同乗していたら? そんなビックリするようなお話が、現実に起こったらしいので報告しておこう。
スポンサードリンク


Remove cat before flight

 事件はフランス領ギアナのクールーという街で起こった。

 お客さんを乗せて、遊覧飛行に飛び立った飛行機。操縦しているのは、パイロットのロメイン・ジャントゥさんだ。

removecat1

 離陸して順調に高度を上げていくよ。お客さんも楽しそう。
removecat2

 て、ちょ、右側の翼の上に何やら動く影が! あの耳、あの瞳、なんと猫が1匹現れた!

removecat0

「ちょっとちょっと、何を勝手に飛び立ってるのよー、アタシがここにいるのよー、気が付きなさいよ、ねえってばー!」

removecat4

 ここでようやく気づいたロメインさん。そりゃびっくりするよね。

removecat5

 だがビックリし続けているわけにもいかない。ロメインさんはすぐに飛行機のエンジン音を下げ、猫がパニックに陥らないよう配慮した。

removecat6

 そうしてお客さんにも静かに注意を促し、猫に触らないよう警告した。幸いにもお客さんは、すぐに状況を理解してくれたそうだ。

removecat7

 すぐに飛行場に引き返し、猫と共に無事に着地。まったく冷や汗をかいたよ!

removecat10

 この猫はもともとこの飛行場のマスコットとして住み着いてた猫なんだとか。飛行前の点検が終わった後で、こっそり乗り込んでいたらしい。

 この事件の後も、猫は今までどおり飛行場でみんなに可愛がられながら暮らしているそうだが、飛び立つ前に猫が乗っていないか、確認するようになったのは言うまでもない。

 クールーと言っても聞いたことがないという人が多いと思うけれど、アリアンロケットを打ち上げるギアナ宇宙センターがある所なんだよね。

 通常ならこの遊覧飛行は20分コースなんだそう。猫といっしょの遊覧飛行も乙なものかもしれないが、翼の上となれば別。無事に地上に戻れて本当によかったよかった。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
「エンジンに猫がいるかもしれません」親切なメモ書きが3匹の子猫を救う


「危ない!ちょっとみんな止まって!」交差点の真ん中の子猫、バイク乗りのお姉さんに助けられる


「命にはかえられねぇ!」子猫の救出のため高級車を破壊することにした男性


鳥たちといっしょに大空を飛んでみないか?渡り鳥を訓練しているバードマン


飛べない鳥が空を飛ぶ時。にわとり、飛行機に乗る




このエントリーをはてなブックマークに追加