lazerlight0

 チーターに恋い焦がれ、アメリカに自宅がありながらも、南アフリカの保護施設でボランティアを続けている男性がいる。彼の名はドルフ・C・ヴォルカーさん(50)。以前にお伝えしたチーターのキンジのお話で、ミーアキャットを抱っこしているあの人だよ(関連記事12)。

 そのドルフさんが今回思いついたのは、ビッグキャットたちも猫のように、レーザーポインタに夢中になるのかなってこと。思い立ったら実験せずにはいられないドルフさん、さてその結果はどうなったかな。
スポンサードリンク


Which African BIG & Small Cats Play With Laser Light Toys? | Cheetah Leopard Lion Caracal Serval

 今回の舞台も、キンジのいる南アフリカのチーター・エクスペリエンスだ。動画はちょっと長めだけれど、レーザーポインタが登場するのは1:50くらいから。

 まずはメスのチーターを紹介しよう。ニオイをかがせて安心させたら、レーザーポインタの登場だ。これは光も弱くて安全なヤツね。

lazerlight1

 うーん、一応顔で追いかけてはみるものの、あんまり興味がないみたいかな。
lazerlight2

 次はオスに見せてみたけど、やっぱり反応はイマイチな様子。
lazerlight3

 通りすがりのピグミーヤギにも見せてみた。こちらは興味津々だね。
lazerlight4

 次はカラカルのお嬢さんだ。こちらも興味はあまりなさそう。
lazerlight5

 次はトラ…と思ったけど。
lazerlight6

 このトラはドルフさんのことがお気に召さないらしい。威嚇モードたっぷり、レーザーポインタを見せたら飛び掛かってきそうだったので、パス!

lazerlight7

 ライオンとクロヒョウにも試してみた。興味がないわけではないけれど、追いかけまわすほどではなさそうだ。

lazerlight8

 灰色オオカミにも見せてみよう。彼らはちょっとは遊んでくれたみたい。
lazerlight9

 さて、次に登場したのはアフリカヤマネコたち。おお、家猫たちと同じくらい熱心に追いかけっこをしてくれたよ。

lazerlight10

 そして再びカラカル。やっぱりあんまり興味なさそう…。
lazerlight11

 と思ったら、そこへ乱入したサーバルキャットにつられて、レーザーポインタの光と激しい追いかけっこを演じてくれたぞ。

lazerlight12

 ドルフさんの出した結論は、身体の大きなライオンやチーター、ヒョウなどは、レーザーポインタの光は小さすぎて、追いかけて捕まえるほどの価値を感じないのではということだ。

 もしかしたらあの光が、虫か何かだと思っているのかもしれない。虫を食べてもお腹は膨れないし、余計なエネルギーをを使うだけだからね。

 そして少し小柄なヤマネコやサーバルキャットなどは、小動物を追いかけるような感じで追いかけっこをしているのではないだろうか。まあ単に遊んでいるだけかもしれないけれど、そこはホラ、大きくなっても猫なわけだし。どのみち真相はきっと多分、ニンゲンには教えてなんかくれなさそうだ。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
大きいのも小さいのも猫は猫?レーザーポインタにじゃれるネコ科の猛獣たち


何にでも好奇心いっぱい!レーザーポインタの光とじゃれる子ギツネたち


遊んであげてるのか遊ばれてるのかどっち?レーザーポインタとオウムの微妙な関係


でかくなっても猫は猫。オモチャで遊ぶネコ科の猛獣たちがやはり猫だった件


「ちょっと待って順番だから!」ビッグキャッツの子供たちに団子にされるパパ・ベアー



このエントリーをはてなブックマークに追加