angryram4

 以前マランダーでご紹介した「怒れるヒツジ」のラムブロ先輩を覚えておられるだろうか。そう、「最凶のヒツジ」とか「ランボーのブラザー」とかいう、あの凶暴なヒツジである。どうやらあの後も元気に怒り続けているようで、こんな映像が届いたんだ。
スポンサードリンク


Angry ram vents his fury on a bag of insulation fibre

 ラムブロ先輩の飼い主さん、家の壁を断熱仕様にしようと思い立ち、断熱材をえっちらおっちら運んでいたんだ。どうやらその様子が、ラムブロ先輩の怒りのスイッチを入れてしまったらしい。

angryram1

 突進しては激しい頭突きを繰り返すラムブロ先輩。
angryram2

 間近で見ると結構な迫力で、こりゃビビらずにはいられない。


 みんなの持っているヒツジのイメージというと、たいていはのどかで穏やかで、白い雲流れる緑の牧場みたいな牧歌的ものなんではないだろうか。ラムブロ先輩はメリノ系のアラパワという種類のヒツジで、本来は飼いやすい性質の羊毛フワフワな種類らしいんだ。

 ニュージーランドでは、そこに住む人間の数よりもヒツジの数のほうが多いという。中にはこんな怒れるヒツジさんがいてもいいよね。もっともラムブロ先輩はこの後家族ができて、どっかの戦闘民族のように多少穏やかになったらしいよ。そのお話はまた今度ね。

▼あわせて読みたい
その頭突きはまさにオーバーキル。怒れる黒ヒツジのラムブロさん、森に浮かぶテザーボールをロックオン


かわいいだけじゃないんやで。なんだか神話チックなヤギやヒツジたちの画像集


ほんわかのんびりした世界。羊の上でくつろぐ犬


この圧倒的なヒツジ感!道路をすべて埋め尽くすヒツジの群れをご覧ください


犬たちと共に暮らしてきたヒツジのマーリーさん、ちょっとずつ犬化か。



このエントリーをはてなブックマークに追加