chaineddog1

 海外ドラマなんかを見てると、「家具付き」でいわくつきの家なんかがよく登場したりするよね。しかし便利な最新式家電とかなら嬉しいかもしれないが、新居を買ってみたらこんなものが残されていたりしたらビックリ仰天、新しい住人さんは困ってしまうに違いないんだ…。
スポンサードリンク


There's a dog chained up in my basement - Stray Rescue of St.Louis

 アメリカのミズーリ州セントルイスのストリートアニマル保護団体「Stray Rescue」に、ある日1本の電話が入った。

「新しく家を買ったんだが、そこの地下室に鎖につながれたピットブルがいるんだ!」

 現場に急行してみると、確かに地下室の階段の下には1匹の犬がつながれて、ちぎれんばかりにしっぽを振り続けていた。通報してくれたこの家の購入者は、いったいいつごろから犬がここにいたのか見当もつかないという。

chaineddog0

 スタッフたちの姿を見ると興奮して、呼吸困難になりかけるほどだったピットブルの首に巻かれた鎖を外してやろうとするスタッフ。犬はその意図を察したのか、おとなしくされるがままになっている。

chaineddog2

 そうして自由になった途端、嬉しそうに跳ね回り全身で喜びを表現して、スタッフに飛びついてきたんだそう。それでスタッフはこの犬に、「ジャンピング・ビーン(ジャンプする豆)」という名前を付けたんだって。

chaineddog4

 この家にはしばらくの間、浮浪者が住み着いていたことがあったんだそうだ。地下室にあったゴミの山は、その浮浪者の置き土産らしい。だが浮浪者とジャンピング・ビーンとの間に関係があったかどうかは不明のままだ。

 地下室には水もエサもなかったことから、そう長い間放置されていたわけではなさそうだ。しかし残念ながら、それ以外のことは何もわかっていない。ただ確かなのは、ジャンピング・ビーンがとっても愛らしく人懐っこい犬だということ。

chaineddog5

 そして許せないのは、ジャンピング・ビーンを置き去りにして行った人間だ。このまま誰も気づかずにいたら、いずれはここで命を落としていたことは確実である。

 今回この家を買ったオーナーさんが、たまたまこのタイミングで気づいてくれたからよかったものの、あと数日遅れていたらどうなっていたかわからない。本当によかったねとしか言いようのない事件であった。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
ルイジアナの恩返しだ!ハリケーン・ハービーで取り残された犬の救出に成功したケイジャン・ネイビー


またもお手柄!強くてたくましいK9、3匹の捨て小犬を救助!


見捨てられ栄養失調で発見されたピットブル、消防署のアイドルドッグへ変身


犬版キャッチミー・イフ・ユー・キャン。2年間人間に触れられることのなかった犬が逃走の末保護されるまでの物語


大丈夫、すぐ行くからな!穴に落ちた犬の救助物語



このエントリーをはてなブックマークに追加