turtlerescue0

 大きな甲羅がトレードマークのカメさん。しかしあの甲羅は時には邪魔ではないのだろうか、ひっくり返ったらどうするんだろうって考えたりしたことはないかな? そんな疑問に答えてくれる映像を見つけたので披露しよう。まあ、毎回こんな親切な仲間がそばにいるとは限らないとは思うけれども。
スポンサードリンク


Turtle Rescue

 広々とした芝生に、放し飼いされているリクガメさんたち。ステキな環境でうらやましい…と思ったら、1匹ひっくり返っているぞ。

 もう1匹が寄ってきて、しきりに気にしている様子。
turtlerescue1

「おい、大丈夫か? 自分で起きれる?…って、無理かやっぱ」
turtlerescue2

 そこへ向こうからもう1匹でかいのが近づいてきた。よかった、助けに来たのかな。
turtlerescue3

 と思ったら、華麗にスルーして通り過ぎて行ってしまった。
turtlerescue4

 そこで最初のカメさん頑張った!
turtlerescue

 しかし頑張ったカメさんから逃げるように、ひっくり返っていたカメはその場をすたこら離れていったよ。あれれ、待って待って、なんで行っちゃうの?

 と、しばらく2匹の追いかけっこは続いたのであった。この助けたほうのカメさんは、これまでに少なくとも3回、同じように仲間たちを助けたことがあるんだって。

turtlerescue5

 ひっくり返った仲間を助けるカメの話は、比較的よく耳にするんだよね。カメは飼い主やほかのカメに無関心という声もあるけれど、いやちゃんと懐いている!っていう飼い主さんもいるしどうなんだろう。

 ちなみにうちのリクガメたちは一応、ご飯をくれる人(自分)と他の家族の区別はついてるみたい。そして体の大きいほうが小さいほうをいたわってるような雰囲気は感じるんだけど、気のせいと言われればそうかと思ってしまうレベルではある。

 もしカメを飼っているお友だちがいたら、ひっくり返った経験はあるか、そんな時どうしたかなど教えてくれたらうれしいな。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
「よっこいしょっと。さあもう大丈夫、海へお帰り」ひっくり返ったウミガメを助けてあげた男性


こりゃまたいっぱい付けてきたね…!ウミガメに付着したフジツボを取り除いてあげる様子をご覧ください


ゆったりのっそり子育てしちゃうよ。リクガメと共に過ごす子犬たち


リアル「ウサギとカメ」の追いかけっこ。カメさん意外と速かった!


この暖かくてフワフワな生き物はなんぞ?猫に興味津々なカメ


このエントリーをはてなブックマークに追加