hawk4

 昨年の夏、テキサスで猛威を振るったハリケーン、ハービーにまつわる動物たちの話題は、マランダーでも何度か取り上げたけれど、覚えていてくれたかな(関連記事123など)。

 今日はハービーが近付く中、自主的にニンゲンの車に避難してきた挙句、「ハービー」という名前をもらってしまったタカのお話をしようと思うんだ。

 
 
スポンサードリンク


Hawk hides from Hurricane Harvey in taxi, refuses to leave

 事件は2017年8月25日に起こった。ヒューストンでタクシー運転手をしているウィリアム・ブルーソさんは、ハリケーン・ハービーに備えて買い出しに行った。食べ物などを仕入れて車に戻ってみたら、助手席にこんなお客さんが乗り込んでいたんだ。

hawk1

 窓を開け、自由にお帰りいただこうとしたのだが、タカは飛び去る気配がない。ウィリアムさんはこのタカに「ハービー」って名前をつけちゃった。

hawk2

「ハービー、帰んなさいよ、いやマジで」と話しかけるも、動かないどころかウィリアムさんの手乗り状態になるタカ。一見したところケガはなさそうだったので、なんで飛んで行かないのかなぁと困惑気味のウィリアムさん。

hawk3

「これ、どうしたらいい?」「飼えば?」
hawk5

 結局ハービーは一晩をウィリアムさんのもとで過ごしたんだ。その後TWRC(テキサス野生動物保護センター)に引き取られることになった。

 鶏肉を与えるウィリアムさん。

UPDATE #8 Sgnt Hurricane Harvey feasts

 TWRCの診断で、ハービーはクーパーハイタカのメスであること、ケガをして飛べない状態であったことが判明。しばらくの間TWRCで手当てを受けた後、ブラックランド・プレーリー猛禽センターに移されて、野生に帰る日を待つことに。

 そしてその日はほどなくやって来た。9月13日、プラノのオークポイント・パークに放されることになったハービー。当日その場に立ち会ったウィリアムさんの手から、ハービーは無事に飛び立っていったんだ。


Hawk Escapes Hurricane Harvey by Car, Then Is Set Free | Nat Geo Wild

 それにしても飛び込んだクルマの持ち主が、ウィリアムさんみたいに優しい人じゃなかったら、ハービーの運命は変わっていたかもしれない。ナイスガイなウィリアムさん、実にステキなおっちゃんだけど、ハリケーンが近付いてるのに車の窓を開けっぱで買い物に行くのはどうよ…と思ってしまったりもするのであった。

edited by ruichan

▼あわせて読みたい
「なんで捕まえられへんねん!」写真の獲物を捕まえようと頑張るノスリ


「ちっ、惜しい!」檻の中にいるも知恵者なワシ、自分の餌で鳥をおびき寄せ捕食を試みる


これもまた猛禽力。傷だらけで保護されたワシ、ヒヨコたちの子育てをする


気分は猛禽類。ワシ先輩の目線でアルプス観光


仲間は助ける!タカにとらえられていたニワトリ、勇敢なアヒルのおかげで無事脱出!



このエントリーをはてなブックマークに追加