animalaid8

 マランダーでは毎回インドから、ケガや病気のストリートアニマルたちを保護し、手当てし、新しい居場所を提供してくれているAnimal Aidの活動をお伝えしてきたけれど、今回はちょっとこれまでになくショッキングな映像が届いたんだ。

 これでなんで生きてるの?って自分が思ったくらいなので、苦手なお友だちは動画をクリックしないことを強く推奨しておくよ。ちなみに流血はないんだけれどね…。同時にこれまでと同じように、手厚い治療と介護のおかげで最後にはすっかり元気になったことを最初に報告しておきたい。
 
スポンサードリンク


The dog who grew a new face – Kalu’s astounding recovery (graphic)

 穴の中にうずくまっている1匹の犬。
animalaid1

 Animal Aidのスタッフが確認したところ、顔面のほとんどを破壊されてしまっており、傷口には蛆が湧いていた。このままでは死を待つばかりなのは間違いない。

animalaid2

 すぐにAnimal Aidの病院まで搬送する。
animalaid3

 これで起きて動いているのが不思議なくらいの大ケガだ。スタッフたちにとっても、これまで見てきた中で最悪の状態だったという。さすがのAnimal Aidでも、哀しいことだが安楽死させてやるのが一番いいのではないかとさえ考えた。

animalaid0

 しかしこの犬には、いのちの力を確信させるような何かがあった。スタッフは治療を試みることを決断した。

 治療はまず、蛆を除去することからはじまった。薬剤をかけ、包帯を巻き、治療できる状態になるのを待つしかない。

animalaid4

 そうして初めて、傷口の洗浄や消毒が行われた。驚いたことにこの状態でも、食事をとる意欲があるようだ。

animalaid5

 治療をはじめて5日目、傷口がキレイになってくると、失われたと思われていた左目が姿を現したんだ! 喜ぶスタッフたち。

animalaid6

 犬にはカルという名前が付けられ、3ヶ月に及ぶ献身的な治療が続けられた。

 そして今、元気に走り回るようになったカル。
kalu

 あの時あきらめてしまっていたら、こんな姿を見ることもできなかった。
animalaid7

 この奇跡のようなストーリーには、1万件を超える感謝と称賛のコメントが寄せられている。

・ありがとう!あなたち最高よ!
・最初に動画を見たときは釣りだろうと思ったよ
・↑ だったらよかったのにね、こんなかわいそうな犬はいなかったんだから
・まだ地球も捨てたもんじゃないってことがわかって嬉しい
・奇跡って起こるんだ!

 Animal Aidはインド北西部の街ウダイプル(ウダイプール)で活動している、ストリートアニマルの保護団体である。車に轢かれたり病気だったり、あるいは虐待を受けたなどして保護が必要な動物たちを引き取り、手当てをし、場合によっては生涯を過ごすシェルターも提供している。

 マランダーではこれからも積極的に彼らの活動をご紹介していくつもりでいるので、お付き合いいただけたら幸いである。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
Animal Aid~あごが砕けていた犬、献身的な手当てを受けて再び笑顔を取り戻した


AnimalAid~「すぐに行くから、もうちょっとだけ頑張れ!」井戸でおぼれた犬の救出作戦


AnimalAid~タールに貼りついてしまった3匹の子犬たち。ふわふわの毛並みを取り戻したよ!


Animal Aid~見て、きれいな毛並みが戻ってきたよ!ひどい皮膚病を手当てしてもらった犬。


よくがんばったね!交通事故で足が麻痺した犬が、もう一度歩けるようになるまで



このエントリーをはてなブックマークに追加