boog3
 
 ずーっと前にマランダーでごシェアしたことのある、子グマと子ジカの嬉し恥かし初めての出会いを覚えていてくれる人はいるかな。あの時の子グマと別の子ジカが再びファーストエンカウンターを果たした動画を発見したので、もう一度みんなにもご紹介するね。
スポンサードリンク


Bear Cub meets fawn for first time

 子グマの名前はブーグ。撮影当時は生後5ヶ月だったという。子ジカに興味津々だった前回の動画とは少々違って、ビビりの入ったブーグくん。

boog0

 とうとう隠れてしまったよ。クマとシカの間にも、相性のようなものがあるのかもしれないね。

boog2

 2頭が暮らしているのは、アメリカのウェスト・ヴァージニア州にあるPoint of View Farmという保護施設なんだ。ここを運営しているローゼンタールさんは、2頭の子グマたちにいっぺんにミルクを飲ませちゃうというすごいスキルの持ち主でもある。

 この施設では、ケガをしたり親を失ったりした動物の世話をして野生に戻すこと、野生の世界では生き残ることができない動物には、恒久的に暮らせる環境を与えることを目標に、活動を続けているんだそうだ。

 クマやシカだけではなく、キツネやアライグマ、猛禽類、カメなどさまざまな生き物たちがここで保護され、野生に帰る日を待っているんだ。

 オポッサムの赤ちゃんたち。何匹いるかわかるかな?


 強い意志とカリスマ性で、施設の運営を続けるローゼンタールさん。写っているクマたちのどれかが、大きくなったブーグかも。


Grin and bear it

edited by ruichan

▼あわせて読みたい
異種交流:クマの赤ちゃんと鹿の赤ちゃん、キッスでご挨拶!


ごくごくごく、ぜんぜん足りんがな!クマの赤ちゃんがミルクを飲む勢いがスゴイ


ハロウィンにはまだ少し早いけれど「オヤツくれないとイタズラするよ?」犬用のドアからシカがこんにちは


ほら見て!こんなに速く走れるよ!足を失った子ジカが犬と走り回れるようになるまでの物語


孤児となった子ジカの親友となったのは1羽のハトだった。



このエントリーをはてなブックマークに追加