whaleneedshelp0

 限りなく広い海ではあるが、そこここにニンゲンの手による思いもよらないトラップが張り巡らされていて、海の生き物たちが被害に遭っている状況は、これまでに何度もお伝えしてきたとおりである(関連記事123)。

 今日は漁網に絡まってしまったザトウクジラを助けようと、頑張ってくれた人たちのエピソードをご紹介しよう。
 
スポンサードリンク


Tangled Mother Humpback Whale Needs Help

 南太平洋のトンガの海でフィッシングを楽しんでいたコール・ハリソンさん一行は、ブイのついた漁網が絡まっているザトウクジラを発見した。近くには子供のクジラもいて、どうやら絡まっている個体は母親らしい。

whaleneedshelp1

 ブイやアンカーを引きずりながら泳ぎ続けるクジラ。
whaleneedshelp2

 コールさんたちがなんとか助けようとするのだが、子連れで警戒心が強くなっているのか、近くに寄らせてもらえない。

whaleneedshelp6

 ブイに手を伸ばすが、なかなか捕まえることができずにジレンマに陥るコールさん。
whaleneedshelp4

 やがて燃料が尽き、コールさんのボートは港に帰ることを余儀なくされてしまったが、このあと別のツアーのボートがそのミッションを引き継いだ。

 残念ながら動画はないのだけれど、無事に漁網を外してやることに成功。お母さんクジラは目立ったケガもなく、子供といっしょに海の向こうへと去って行ったのだそうだ。

whaleneedshelp5

 もしこのタイミングでコールさんたちに出会わなかったら、お母さんクジラだけでなく子供も生き延びることができなかったかもしれない。

 釣り好きが高じて自らスピア・フィッシングの会社を経営しているコールさんだが、「こんなに大きな生き物があげる悲鳴を聞くのは、これまでの人生で一番悲しくてつらい体験だった」と語っている。

「漁をして魚を獲っているオレがそんなことを言うのかっていう声もあることはわかってるけど、海で生きて海から糧を得ているからこそ、余計強くそう思うんだ」

edited by ruichan

▼あわせて読みたい
好奇心旺盛なクジラの赤ちゃんと遊ぼう!メキシコの海でクジラとの触れ合いを堪能するツアーはいかが?


一生忘れられないに決まってる!ザトウクジラの華麗なるジャンプはこのあとすぐ!


「ヤバいぞ、逃げろ!」水中からパックリと口を開けて浮上してきたザトウクジラにダイバー危機一髪


チューしちゃってもいいかしら?人懐っこいクジラとの触れ合いタイムに超感動


思わず手に汗握っちゃう?ザトウクジラの壮大なるジャンプをご覧ください



このエントリーをはてなブックマークに追加