puppyngoats1

 マランダーでこれまでにも何度か紹介してきた、アメリカはメイン州にあるサンフラワーファーム。たくさんのヤギをはじめとした動物たちが暮らしているこのファームに、ある日新入りのセントバーナードがやって来たんだよ。
スポンサードリンク


Saint Bernard Puppy Meets The Goats!

 セントバーナードの子犬のフランシスは、耳が聞こえないという障害を持っていた。2017年の6月、サンフラワーファームにやってきたフランシスは、ヤギたちに興味津々。そしてヤギたちもフランシスに興味津々。

st-bernard-meets-goats-iloveimg-resized

 その中でもミルドレッドという名前の、ナイジェリアン・ドワーフの子ヤギが積極的にフランシスに近づいてきて、やがて2匹は友だちになった。偶然にもフランシスとミルドレッドは、この年の4月24日、まったく同じ日に生まれていたんだそうだ。

puppyngoats2

 ミルドレッドは生まれた時、とても身体が小さく弱かったので、最初の数週間をファームのオーナーが飼っていたパグのベッドで過ごしたんだ。それで犬という生き物に慣れていたのではないかとのこと。

 ミルクを飲むのもいっしょだよ。

Goat Kid & Puppy Share a Bottle!

 生後4ヶ月が過ぎた頃、ミルドレッドはすっかり強くなって、納屋の女王様的存在に。フランシスに対しても、自分の優位を示すような行動をとるようになったみたい。


Goat teaches Saint Bernard Puppy Who’s Boss
 フランシスは耳が聞こえないので、鳴き声でのメッセージは伝わらない。ニンゲンの言葉は手話を通して理解するようになってきているんだそうだが、ミルドレッドの足ドンは彼らなりの意思の疎通方法なのかもしれないね。

via:An Adorable St. Bernard Puppy Tries to Make Friends With the Resident Goats at the Sunflower Creamery translated ruichan / edited by parumo

▼あわせて読みたい
メイン州から初夏のお便り。47匹のヤギたちのチキチキ朝ごはん


モフモフ!大量のセントバーナードが森の中をお散歩


落ちないでね?木登り子猫を心配するセントバーナード


いっしょにあそぼ。ヤギとチワワの子供たちがいっしょに跳ね回って遊ぶ姿が可愛らしい


「お兄さんお友達になろうや~!」ヤギとグレート・ピレニーズ犬の交流



このエントリーをはてなブックマークに追加