poncho2

 お母さんを亡くした赤ちゃんを引き取り、自分の子供の用の育てる動物たち。それが異種だとしても、いや本来は捕食するものされるものの関係だったとしても、一度固く結ばれた「親子」の絆がほどけさることはないのだ。

 今回ご紹介するのは、母親を亡くしたオポッサムの赤ちゃんと、それを引き取って育てたジャーマンシェパードのお話なんだ。
 
 
スポンサードリンク


Dog Adopts Baby Opossum - Animal Friendship | Myrtle Beach Safari


 オポッサムのポンチョはまだ生まれて間もないころに、母親が人間のクルマに轢かれて死んでしまった。道端で母親の身体にしがみつき、そのまま死を待つしかなかったポンチョだったが、幸いなことに親切な人間に見つけてもらい、獣医のもとで手当てを受けることができたんだ。

poncho1

 しかしポンチョにはまだ、お母さんが必要だった。そこで白羽の矢が立ったのが、ジャーマンシェパードのハントゥだ。

poncho3

 子供のいないハントゥは、自分の子のようにポンチョの面倒を見た。そしていつもいっしょにお散歩をするようになったんだ。

poncho4

 ポンチョはすくすくと大きくなったけれど、今もハントゥお母さんにおんぶして、毎日お散歩しているよ。まあちょっと重たくなったけどね。

poncho5

 オポッサムはアメリカ大陸に生息している有袋類だ。小さな赤ちゃんのうちはお母さんのおなかの袋の中で、少し大きくなると背中におんぶして過ごすので、別名フクロネズミとかコモリネズミとも呼ばれている。

 ポンチョがこうやってハントゥさんの背中に乗っかるの好きなのは、お母さんだと思って安心しているから名だろうね。

poncho6

edited by ruichan

▼あわせて読みたい
クローゼット開けたらオポッサム。民家に侵入していたオポッサムが守っていたものとは


母さんって大変だから。オポッサム母さんのよっこらせ~な子育て風景


「ママはどこ?」自動車事故で母親を失ったオポッサム兄弟の保護物語


火事で我が子を失った母犬、失意のどん底に。そこで母親を失った子犬たちを与えてみると・・・


とっても優しい元シェルター犬のマーキンさん、拾われ子猫たちをほのぼの猫シッター



このエントリーをはてなブックマークに追加