dropped20
 
 2月も10日を過ぎると次第と気になってくるのがバレン〇インデー。別にあげる予定ももらう予定もない。そんな切ないことを考えちゃう仲間には、愛するペットに贈り物をすることをおすすめするよ。

 ちょっと時期はずれちゃうけど、クリスマスシーズンにあった素敵なプレゼントのお話をご紹介するよ。
スポンサードリンク


Dog Unwraps Puppy For Christmas Present

 12才のゴールデン・レトリバー、キャッシュさんは近年さみしさと戦っていた。相棒の犬だったロージーさんが3年前急死してしまったのだ。相棒のいない3年間、ご家族とキャッシュさんは悲しみに耐え抜いた。そして飼い主さんたちは、相棒を失い悲しみを抱えつつも明るくふるまうキャッシュさんの健気さに気づくこととなる。

 そんなキャッシュさん、今年のクリスマスからはもう寂しんぼうじゃないんだよ。なんでかって動画を見たみんなはわかるよね。

 プレゼントの箱を抱えてきたお父さんにぴったり近づくキャッシュさん
 わくわくとどきどきがいっぱい
dropped21

 床に置かれたプレゼントから出てきたのは…
dropped22

 小さなお友達だった!
 さっそく鼻と鼻でご挨拶しているよ
dropped23

 遊び方を教えたり、大はしゃぎのキャッシュさん
 
dropped24


 キャッシュさんのはしゃぎようを見ているとどちらが子犬かわからないくらいだね。小さな1匹と大きな1匹、これから仲良くやっていけることだろう。

 バレンタインデーのチョコの数よりも愛するペットにしてあげられることを数えたほうが幸せは早く来そうな気もするんだ。ペットがいない、そんなお友達はどこかでモフタイムを自分のために設けてあげるといいかもしれない。

edited by kokarimushi

あわせて読みたい
クリスマスプレゼントに子犬をもらった男性。その喜びっぷりに胸がほっこり暖かくなる。


「サンタさんにお願いです。大好きなぬいぐるみを本物の犬にしてください」クリスマス、それは少女の願いが叶うとき。


保護犬、保護猫たちのクリスマス。彼らを待っていた本当のプレゼントはおもちゃだけではなかった!


クリスマスプレゼントなので女の子にペットをプレゼントした。その中に入っていたのは脱出好きなあの生き物だった。プレゼントが猫だった場合、こうなったようだ。


「プレゼント?これをくれてやる!」プレステ4をもらって大喜びの男性に猫がこの仕打ち



このエントリーをはてなブックマークに追加