babydeernkitten0

 野生の生き物たちには彼ら自身の生き様があって、ニンゲンやペットたちのそれとはときおり何かのハプニングで交わることがあるとしても、それぞれ別々の世界で生きていくことが望ましいとされるわけなんだが、そんなハプニングで訪れた出会いと別れは、やっぱりちょっと感動的だったり寂しかったりするものなんだ。

 今日は赤ちゃんの時にニンゲンに助けられたシカと、ペットの猫とのモフ風景を写した動画をお目にかけよう。

スポンサードリンク


Missed YOU! Rescued Deer & Kitty Cat By The Lighthouse Lady

 このオジロジカの赤ちゃんは2014年の夏に保護され、アーロンと名付けられたんだ。
babydeernkitten1

 お母さんがどこかへ行ってしまい、数日間一人で過ごしたアーロンくんは、心優しいニンゲンさんにミルクをもらい、自分で生きていけるまでに成長した。

babydeernkitten2

 保護した人たちは、アーロンくんがちゃんと一人でご飯を食べて生きていけるようになった時、森に帰してくれたんだくれたんだよ。

 その後もときおりやって来ては、仲良くなった猫とこうやって楽しそうに遊んで過ごすアーロンくん。この猫ちゃんも、実はもともとは保護猫だったそうなんだ。

babydeernkitten3

 猫のほうもアーロンくんが大好きみたいだね。
babydeernkitten4

 月に何度かは顔を見せにやって来たというアーロンくんだが、2015年の10月を境に姿を見せることがなくなったという。撮影者さんはとても寂しがっていて、アーロンくんがどこかで元気に過ごしていること、またいつか遊びに来てくれることを祈っているそうだ。

 保護された時の様子はこちら。

Baby Deer Almost Dead - Rescued By The Lighthouse Lady

edited by ruichan

▼あわせて読みたい
「…というわけだ」「了解した」「ではいずれ」裏庭でのシカと猫とのコンタクト、その真相はいったい?


なんか変なのがいた!アンタ何ていう動物?猫に興味津々なシカ御一行様


ハロウィンにはまだ少し早いけれど「オヤツくれないとイタズラするよ?」犬用のドアからシカがこんにちは


あらロマンチックがとまらない。枯草の上で、犬と鹿のらぶりんちょ。


孤児となった子ジカの親友となったのは1羽のハトだった。



このエントリーをはてなブックマークに追加