cockie0

 美味しいオヤツが目の前にあったとして、まあいい大人なら譲り合って上手に分けて食べるだろうけど、やっぱり大好きなものは独り占めしちゃいたい時だってあるかもしれないよね。

 今日は仲良く(?)いっしょにオヤツを食べているオオバタンとヨウムのお嬢さんたちを紹介するよ。ちゃんと分け合って食べることができるかな?
 
 
スポンサードリンク


You WILL eat the cookie!!!

 オオバタンのチャーリーさんとヨウムのカービーさん。この仲良しペアは、オヤツのクッキーも分け合って食べるんだ。

 さあ、オヤツの時間だよ。
cockie1

「もぐもぐ、このクッキー美味しいね!」
cockie2

「ちょっと、一人で食べてないで、少しはちょうだいよ」
cockie3

 ご主人にも「カービーにも分けてあげなさい」と言われて、ちょっとご不満顔なチャーリーさん。

cockie4

 でもそこは仲良し、ちゃんとシェアしていっしょにオヤツを楽しんだよ。
cockie10

edited by ruichan
 しかし並べてみると、オオバタンって大きいね。コメント欄でもそのサイズの違いに驚いているお友だちがたくさんいたよ。オオバタンは体長40~50cm、ヨウムは30cmだそうなので、たしかに一回りか二回り大きいんだね。

 ちなみにこのクッキーは、鳥たち用のモノなので、ニンゲン用の甘いお菓子を与えているわけではないので安心してね。

▼あわせて読みたい
「部屋の電気をつけて!」と、スマートスピーカーに指示するヨウム


孤独を味わいたい時もあるらしい。ヨウムのどんとたっちみー!


「なんだよその運転、警察呼ぶぞ!」いや、その前に静かにしないと本当に警察呼ばれるから!運転手に苦情を言いまくるオオバタン


エロイムエッサイム、お医者さんに行かなくて済むようにしてちょ!と呪文を唱えるオオバタン


「OKグーグル!」と呼びかけると、あの電子音「ピコッ」を返すヨウム


このエントリーをはてなブックマークに追加