roosterfrog0_e

 ペットと飼い主の間にある絆ってやつは、疑いようもないほど強くて温かいものだってことは、マランダーを見に来てくれているお友だちなら同意してくれると思う。だがしかし、相手がニワトリでもそこに絆はあるのだろうか?

 そんな素朴な疑問に答えてくれるような動画を見つけたので、ぜひみんなにもシェアしたいんだ。
 
スポンサードリンク


Frog The Rooster-Savannah is home!

 お、道をとことこ走っていくのは、なんと1羽のニワトリではないか。彼の名はフロッグ、こちらのお宅で生まれ育ったニワトリだ。歩き方がカエルっぽいので、フロッグ(カエル)っていう名前になったんだって。

roosterfrog1_e

 フロッグが歩いていく先を見ると、ちょうどスクールバスが到着したよ。
roosterfrog4_e

 バスから降りてきたのは、フロッグの飼い主のお嬢さん、サヴァンナちゃんだ。
roosterfrog5_e

「おかえりなさい!」って出迎えに行くと、抱っこしてくれるんだよ!
roosterfrog6_e

 フロッグはとても賢いニワトリで、ありとあらゆることに興味を持ち、いろんなことを覚えているんだそうだ。

 スクールバスを2日間観察しただけで、バスに乗ってサヴァンナちゃんたちが戻ってくることを理解したフロッグは、3日目から毎日こうしてお出迎えをしているんだって。

roosterfrog7_e

 うちも昔いろんなニワトリをペットにしていたことがあるけれど、ニワトリにも1羽1羽すごい個性があってさ、近所のおばさんみたいなのもいれば、オタクっぽいのもいたりして、懐いてくれると嬉しいもんなんだ。できればまたいつか飼えたらいいな。

 フロッグの日常的風景に興味のあるお友だちは、ぜひインスタグラムへ遊びに行ってみてね。



edited by ruichan

▼あわせて読みたい
犬とニワトリ、種族の違いなんて気にしない!ずっとずっとBFFなチワワと烏骨鶏の仲良しこよし


「安心してね、ボクがずっと守るから」一本足のニワトリとジャーマンシェパードは親友になった


なんで今日は水がないのかしら?凍り付いた池で遊ぶ猫とニワトリのいる風景


おしゃれに迷子予防。スコットランドにはピンクのベストを着たニワトリがいるらしい。


「ほれ、もっとモフれ、モフるのじゃ」なでておくれと催促するニワトリ



このエントリーをはてなブックマークに追加