ringnecks3

 マランダーではいろんなペットの鳥たちをご紹介してきたけれども、まだまだメジャーになり切れていない鳥たちもたくさんいるわけで、今日はそんな中からワカケホンセイインコたちのおしゃべりをお届けしようと思うんだ。
 
スポンサードリンク


Indian ringnecks talking to each other

 まずはこちらのお宅のワカケホンセイインコさん、別名ツキノワインコさんたちをご紹介しよう。緑色のがクローバーさん、紫色のがラベンダーさんだ。

「元気してる?」
ringnecks1

「ドッティ、ダメ!」
ringnecks2

 この「ドッティ」とは、こちらのお宅で当時飼っていたジャックラッセルテリアの名前なんだ。ドッティが吠えると飼い主さんが叱っていたんだけど、その時に「ドッティ、ノー!(ダメよ)」という言い方をしていたんだって。

ringnecks4

 最後の方は、「可愛いね!」「愛してるよ!」のエンドレスになっていったようだ。
ringnecks5

 クローバーさんばかりしゃべっているように見えるけれど、実際にはラベンダ―さんの方がおしゃべりらしい。能あるインコは才能を隠すのか、動画撮影のシーンではあまりしゃべってくれないみたい。

 ワカケホンセイインコはもともとインドやスリランカなど南アジアに分布しているインコの仲間だ。オスの首のあたりに輪っかのような模様があることから、ツキノワインコとも呼ばれているんだとか。

 適応力がたいへん強く、逃げ出したペットが野生化して、日本でも各地に生息しているのが確認されているらしい。下の動画は上野公園で桜の花を食べまくる日本のワカケホンセイインコ。蜜を吸っているらしいんだけど、桜の花がなくなっちゃうよ…。


寒桜にワカケホンセイインコ

edited by ruichan

▼あわせて読みたい
「手を止めちゃダメ!もっとなでててちょーだい!」とご主人にモフをねだるインコ


いっぱいなでなでして~や。フクロウのマペットを仲良し認定するインコ


「見て見て、最高の素材が見つかったの!」とご満悦なインコに、自分のノートをあきらめた飼い主さん


おいおいおいギャングの抗争か?インコたちのミニチマバトルが勃発していた


音楽には国境も種族の違いもない!ギターに合わせて熱唱するインコ



このエントリーをはてなブックマークに追加