pelican4_ea

 釣りが趣味というお友だちもたくさんいると思うけれど、野生の現場では釣り糸は凶器に他ならない。これまでにも海中で、釣り糸に絡まってニンゲンに助けを求めてきた生き物たちをご紹介してきたよね(関連記事12)。

 今回は海の中ではなく、海辺で生きるペリカンのクチバシに釣り糸が絡まってしまったんだ。さて、このペリカンを無事に助けることはできるのだろうか。
スポンサードリンク



 事件はフロリダのクリアウォーター・ビーチで起こった。1羽のペリカンのクチバシに釣り糸が巻き付いていることに気がついたのだ。

 後ろからコッソリ近付いていく赤いシャツの男性。
pelican1_e

 そして件のペリカンに飛びつき、みごと捕まえることに成功。
pelican2_e

 ペリカンは抵抗して暴れたものの、男性はしっかりと地面に押さえつけて、その動きを封じた。

pelican3_e

 もう一人の男性が近付いてきて、ペリカンの正面に座る。
pelican4_e

 ナイフを取り出して釣り糸を切ろうと試みるが、しっかりと何重にも巻き付いているらしく、なかなか思うようにいかない。

pelican5_e

 何度か繰り返して、ようやく巻き付いていた釣り糸をすべて取り除くことができた。
pelican6_e

 丁寧に残っている糸を取り除いてやる男性たち。
pelican7_e

 口の中を覗き込んで、異物が残っていないか確認する。
pelican9_e

 そして無事に解放され、飛び去って行くペリカン。
pelican10_e

 周囲からは拍手が沸き起こっていた。
pelican11_e

 この男性たちの行動がなかったら、ペリカンはくちばしを開くことができないまま、エサも取れずに命を失っていたかもしれない。

 ペリカンは身体も大きく力も強いので、下手をするとケガをさせられる恐れがあったにもかかわらず、機転を利かせて助けてくれた男性たちに、われわれも拍手を送りたいと思う。

via:Show me a hero! Florida man catches a pelican with his BARE HANDS and frees it from fishing wire wrapped around its beak to prevent it from starving to death translated ruichan / edited by parumo

▼あわせて読みたい
「ほら、ちゃんとお魚捕まえてきたよ!」人間といっしょに魚の捕り方を練習しているペリカン


お腹がすいたらスリーパーな犬?ペリカン犬をぱっくりんちょ


「これでまた、何でも食べられるよ!」クチバシの折れたジサイチョウを最新技術が救った!


あのハシビロコウのダークサイドがあらわになった?ヒナたちの命を懸けた生存競争


心も身体も温かくなる。車の屋根に挟まれた小さな小鳥の救助物語



このエントリーをはてなブックマークに追加