dropped

 今年の4月、某国某所でアリゲーターのママが池の脇をのっそのっそと歩いている姿が撮影されていた。お池に向かうのか?と思いきや、その背後にはベイビーアリゲーターたちの姿がちらほら見えてきた。これはけっこうな数がいるぞ。

 どうやらママゲーターは、わが子たちが無事に池に入っていけるようしっかりと見届けているようだ。
スポンサードリンク


GATOR CROSSING 16 gators follow their mother into pond

 池や川の頂点捕食者、アリゲーターとはいえ天敵がいないわけではない。特に赤ちゃんには保護が必要だ。ただでさえ強いアリゲーターのママの絶対的な保護が。のしのし歩くママの後ろをちょこちょこ歩くベビゲーターたち、数えてみるとどうやら16匹いるらしい!まだまだ見た目は長いトカゲのようだけど、いつかは立派なプレデターになるのだろう。

 ママゲーターのこの姿、どこから見ても強そうだ
dropped0

 その後ろを小さなベビゲーターたちがついていくよ
dropped

 なんと総勢16匹。どうやら子だくさんのようだ
dropped1

 この子達も池の覇者になるのかな
dropped2


 弱肉強食の世界を小さな体で生きていくのは並大抵のことではできない。だけれども、強くて優しいママの庇護のもとならば話は別だ。動物世界の頂点捕食者もわが子を守るためには一生懸命。子育てご苦労様ですママゲーター!もちろん子供がそばにいる時のアリゲーターはいつにもまして警戒心が強いだろうから、用心しないといけない。というかアリゲーターにはあまり近づかないことが得策であることを念のため書いておく。

edited by kokarimushi
あわせて読みたい
「呼んだ?呼ばれた!」名前を呼ぶとワニまっしぐら。裏の池のワニがわんこ状態に


ワニってこんな風に鳴くんだ!生まれたてのワニの赤ちゃん、ママを呼ぶ声がなにやらカワイイとギャップ萌えに


こう暑いと大変やから。アリゲーター、民家の玄関で一休みののち保護


ブチギレたら誰だって怖い。ウマが水辺の王者ワニを全力攻撃


子煩悩なナイルワニのお母さん。赤ちゃんたちを安全な場所へ運ぶ方法とは?



このエントリーをはてなブックマークに追加