dropped1
 
 先日は道行くカメを自分なりの優しさでどけていたゾウだったが、またしてもゾウの進行を妨げる動物への様子を撮影した動画が発見されていた。
スポンサードリンク


Elephant kicks sand in hippos face

 川辺を歩いていきたいゾウの前には、巨体のカバたちが2頭。ゾウなりに気を使ったのか、それともなれ合いたいのか、なんとなく砂などかけてコミュニケーション開始。

 邪魔だと思ったのか、それとも異種間交流か?カバを発見したゾウ、砂をかけてみた!
dropped2

 肌を乾燥させたくないカバたち、ちょっとずつ去っていくよ
dropped1

 少し余裕のできた道をゾウものんびりとおっていった
dropped4


 動物たちはどんなに道が込み合っていても、言葉を荒げたりしないよ。ゾウはゾウなりのカバはカバなりの方法で道を譲ったり、通ったりして共存しているようだ。人間たちのストレス社会だとなかなか難しいことかもしれないけど、ゾウの悠々とした様子、本来ゾウに負けないほどパワフルなカバの穏やかさなど学べることも多い案件であった。

edited by kokarimushi
あわせて読みたい
ちょっとどいてください。カメを足元からどけるゾウ、ちょっとフットサルめいていた


「オラオラオラ、アイサツに来てやったぜ!」クルマに蹴りを入れに来たゾウ


「今日のおやつは何かしら?」ゾウさんがおうちに遊びに来るインドの日常的風景


もう寂しくないよ!だって友だちがいるんだもん!孤児のゾウとヒツジのやさしい関係


「もっともっとお水かけてよ!」ゾウの赤ちゃん、小さなプールに大ハッスル



このエントリーをはてなブックマークに追加