knock1

 言葉が通じない相手同士が出会ったとき、さてどうやってコミュニケーションを取ったらいいんだろう。やっぱりジェスチャーとかなんだろうな。

 ただそのジェスチャーの意味がお互いに違っていたら、やっぱり意思の疎通は難しいよね。ほら、インドでは肯定するとき首を傾げるし、ギリシャではピースサインは「くたばれ!」の意味になるとかさ。

 というわけで、今日はガラスをコンコンと叩いてコミュニケーションを取っている…ように見える、ゴリラとニンゲンの動画をご紹介しよう。
 
スポンサードリンク


GORILLA PLAYS WITH BOY AT ZOO! Funny!

 これはアメリカのニューメキシコ州、アルバカーキの動物園で撮影された一コマである。撮影者ご一家がゴリラの檻の前に来たところ、一頭のゴリラがガラスのそばにやってきて、おもむろにガラスをコンコンコン。

knock5

 すかさずお父さんがコンコンコン。
knock2

 ゴリラもクールにコンコンコン。
knock6

 男の子もコンコン。
knock3

 ゴリラもお返しにコンコンコン。
knock4

 途中で男の子が、「パパ、ガラスをたたいちゃダメだよ!」などと可愛く注意していたけれど、ゴリラと人間のシンプルなコミュニケーションはどんな風に成立していたんだろうか。

 ただのごあいさつ? 遊んでるだけ? それとも「あっち行けゴルァ」だったのか、あるいは「お子さん可愛いわね」かもしれないし、それはゴリラさんに聞いてみないと永遠にわからないのかもしれないのだ。

 さてこのゴリラのコンコンコン、どんな意味があったのかな。良かったらみんなの意見も聞かせてね。

edited by ruichan

▼あわせて読みたい
「すごく嬉しいけど動けないよ!」野生のゴリラに思う存分いじくりまわされてしまった男性


手話を操るゴリラのココ、映画の悲しい別れのシーンを見るのはつらい模様


「ママ、ママ、ボクのことも見てよ!」母親の気を引こうとして胸を叩いてみるゴリラの子どもが可愛い


「雨さんのいじわる!もう遊んであげないから!」ゴリラの赤ちゃんのしぐさにメロメロ


つぶらなおめめがカワイイ!ゴリラの赤ちゃん初めてのお散歩



このエントリーをはてなブックマークに追加