Heterochromic-Eyed-Cat-13_ea

 オッドアイと呼ばれる、左右の眼の色が違う猫たち。その不思議で神秘的なまなざしは、見るものを吸い寄せてしまうよう。今日はそんなオッドアイの猫たちの写真集を、みんなにお届けしようと思うんだ。
スポンサードリンク

1.
Heterochromic-Eyed-Cat_e
image credit:SarahScissortail

2.
Heterochromic-Eyed-Cat-7_e
image credit:SarahScissortail

3.
Heterochromic-Eyed-Cat-10_e
image credit:SarahScissortail

4.
Heterochromic-Eyed-Cat-6_e
image credit:SarahScissortail

5.
Heterochromic-Eyed-Cat-11_e
image credit:SarahScissortail

6.
Heterochromic-Eyed-Cat-3_e
image credit:SarahScissortail

7.
Heterochromic-Eyed-Cat-13_e
image credit:SarahScissortail

8.
vJBu5g5_e
image credit:SarahScissortail

9.
Nhmh8kb_e
image credit:SarahScissortail

10.
Heterochromic-Eyed-Cat-9_e
image credit:SarahScissortail

「オッドアイ」は虹彩異色症という、左右で瞳の色がちがう状態のことを言う。この症状はネコだけに限ったものではなく、人間にも存在するんだ。かのアレクサンダー大王も、オッドアイの持ち主だったとか。

 くっきりと色が違うだけではなく、色の濃さが違ったり瞳の大きさが違ったりといった、一見しただけでは気づかない程度の、微妙な違いのオッドアイもあるんだそうだ。生まれつきのものもあれば後天性のものもあって、人間の場合は白人の方が、オッドアイが現れる確率は高いんだそうだ。

 ちなみに、日本人に出現する割合は、なんと1万人に1人なんだって。日本には「金目銀目」という言葉もあるくらいで、昔から不思議な現象だと思われていたのかもしれないね。

 オッドアイについては、以前カラパイアでも特集したことがあったので、よければそちらも見てみてね。

via:Imgur translated ruichan / edited by parumo

▼あわせて読みたい
世界一小さな魅惑的世界、猫の瞳。美しい瞳の猫プチ画像集が発見された


ハート形もあるし剣模様もあるよ。世界の猫模様いろいろ


世界一小さな魅惑的世界、猫の瞳。美しい瞳の猫プチ画像集が発見された


ああ猫よ。のびのび日光浴を楽しむ猫のいる風景


何人たりともこの足にはかなわない。猫の前足ちょこんがかわいすぎた


このエントリーをはてなブックマークに追加