beerbottle0

 
スポンサードリンク


The Octopus and the Beer Bottle

 この動画が撮影された海は、オーストラリアのビクトリア州にあるブレアゴーリーというところ。以前ご紹介した、クモガニたちのいるあの辺の海だ。

 海底に沈んでいるビール瓶の口のところから、何やら白くてもちもちした物体が顔をのぞかせている。

beerbottle1

 うにょーんとのびたぞ!
beerbottle2

 お、なにやら色が変わってきた。
beerbottle3

 なんと、タコさんだったですか!
beerbottle4

 タコはこの後、海底をすべるように移動していったが、いったいなぜビール瓶なんて狭苦しいところに入っていたんだろう。

 実はタコには身を守ってくれる骨格がないため、岩の間など狭いところに身を隠す習性がある。日本で行われるタコ壺漁は、この習性をうまく利用したものだよね。それにしても、ビール瓶の細い口に、よくもぐりこんだものだと感心してしまうんだ。

edited by ruichan

▼あわせて読みたい
ひとつひとつ片付けてたら、ゴミ屋敷になんかならないのよ!タコ式ゴミの捨て方を学んでみよう


深海をさまよう青白い影の正体は?海の中を優雅に舞うバレリーナをご覧ください


なにこれカワイイ。で、これって美味しいの?海の底でクマのぬいぐるみを愛すタコ


これほど可愛い触手を想像したことがあるだろうか。赤ちゃんタコとダイバーがETの指to指コンタクト


このあぶくを出してる生き物は何かしら?ダイバーの手にまとわりつく人懐っこいタコさん



このエントリーをはてなブックマークに追加