dropped7
 
 ペットにさよならを告げることほど難しいことはない。老衰だろうと病気の末だろうとその困難さに納得がいくことはない。今回ご紹介する一家は不幸にも火事で家とともに愛犬を失ってしまった。

 命からがら逃げ出したものの、そこに愛しい愛犬の姿はなかった。悲しみしょげきって暮らしてきた一家、特に親友同然に暮らしてきた子供たちには大きすぎる衝撃を与えてしまった。あれから8か月、そろそろ子供たちに新しいお友達を与えたいと思った両親のサプライズ動画がこちらだ。
スポンサードリンク



 放課後、帰宅した子供たちがおやつを食べているところ、お父さんがやってきた。その手に抱えられていたのはタディーという名の犬だった。火事、そして愛犬の死というトラウマ的な出来事により子供たちが心に負った心のショックは計り知れない。

 犬を抱えてきた父さんを見てすぐに意図を理解した子供たち
dropped8

 今は亡き愛犬フラッシュを思い出して泣き崩れてしまう子もいる
dropped7

 だけれども踏み出した最初の出会い、最初の一歩
dropped9

 一家にとって素敵なクリスマスプレゼントとなったろう
dropped11


 失ってしまった愛犬とぴったり同じ存在にはなれないかもしれない。でも犬を見ただけでこんなにも心動かしてくれる一家のそばなら、新入りのタディーさんもきっと幸せにやっていけることだろう。

edited by kokarimushi
あわせて読みたい
「会いたかったよ!もう絶対はなれたくないよ!」ご主人との再会に歓喜するジャーマンシェパード


「もう二度と離さないよ!」戦地から連れ帰った子犬と兵士が感動の再会


クリスマスプレゼントに子犬をもらった男性。その喜びっぷりに胸がほっこり暖かくなる。


「サンタさんにお願いです。大好きなぬいぐるみを本物の犬にしてください」クリスマス、それは少女の願いが叶うとき。


クリスマスプレゼントなので女の子にペットをプレゼントした。その中に入っていたのは脱出好きなあの生き物だった。プレゼントが猫だった場合、こうなったようだ。



このエントリーをはてなブックマークに追加