hospital0

 ペットと飼い主の間には、切っても切れない絆が存在することを、否定するお友だちはマランダーの読者にはいないと思う。その絆は時々、とんでもなき奇跡を起こしてくれたりもする。

 今日ご紹介するお話は、入院した飼い主を探して病院までやってきたワンちゃんが主役なんだ。さて、どんな奇跡が起こったのかな。
スポンサードリンク


Loyal Dog Finds Hospital On Her Own To Visit Her Sick Human | DOGS YOU SHOULD KNOW ABOUT

 この物語の舞台はアイオワ州にあるマーシー病院。がんの治療のためここに入院しているナンシーさんのもとへ、ある日思いがけない来客があったんだ。

hospital1

 病院のロビーを走り回る白い影。
hospital2

 その訪問者はなんと、ナンシーさんの愛犬であるミニチュアシュナウザーのシシーさん。20ブロック離れた自宅から、ナンシーさんを探し当て、この病院までやって来たのだった。

 シシーさんのタグを確認した警備員の連絡で、ナンシーさんはシシーさんと再会することができたそう。

「犬が病院の中を走り回っていたんだもの、びっくりしたわよ」と、シシーさんを保護してくれた警備員のサマンサさん。「タグの住所を見たら、遠くから来たことがわかって二度びっくり」

hospital3

 ナンシーさんの自宅は、病院から直線距離で約2キロ離れており、シシーさんはこの病院に来たこともなければ、ナンシーさんがここにいることすら知らないはず。

 ナンシーさんのご主人デールさんによると、シシーさんはこれまで一度も、家を抜け出したことはないんだそうだ。娘さんも、「きっとママに会いたかったんだと思うわ」と語っている。

hospital4

 自宅にいたデールさんが、シシーさんがいないことに気づいたのは深夜の1時過ぎ。病院で発見されたのは朝の5時過ぎで、いなくなってから4時間が経っていたという。

 20ブロックの距離を4時間かけてたどり着いたシシーさん。いったいどうやって探し当てたのかは、ナンシーさんにも誰にもわからない永遠の謎。

 ご主人会いたさにニオイをたどったのか、それとも人間にはわからないシックスセンスのなせる業か。ただ一つはっきりしていることは、シシーさんとナンシーさんが強いきずなで結ばれていたってこと。

 ナンシーさんは驚きながらも、「シシーがこんなことを思いつくなんて、すごく嬉しいわ」と話していた。

edited by ruichan

▼あわせて読みたい
「もう脱走しません…多分」首輪をはずすのが得意な犬が脱走!飼い主さんとの感動の再会は意外な場所だった


「もう二度と離さないよ!」戦地から連れ帰った子犬と兵士が感動の再会


ずっと会いたかったの。戦場から帰還した飼い主に飛びつく犬たちの動画総集編


あまいったらありゃしない!8か月ぶりの再会。大喜びする犬の姿にホロリ


寂しかったんだから!飼い主と久しぶりに会う犬の大喜び動画集



このエントリーをはてなブックマークに追加