gorillafamily0

 野生の生き物ファンのお友だち、憧れの生き物を一目ナマで見てみたいと思ったことはないだろうか。いや、動物園とかでじゃなく、その生き物が住んでいるその場所で、その姿で。

 だが、ここに行けばいっぱいいるよ、必ず会えるよという生き物たちばかりじゃない。遭遇できたら超ラッキーな、レアな生き物だっているわけで。今日はそんな超ラッキーな光景を写した動画をご覧いただこう。

 
スポンサードリンク


Touched by a Wild Mountain Gorilla (short)

 この事件はウガンダのブウィンディ原生国立公園で起こった。ゴリラトレッキングのツアーに参加したアメリカ人の野生動物写真家、ジョン・J・キング・ジュニアさんに、ゴリラの群れが興味津々で近付いてきたんだ。

gorillafamily1

 先日ご紹介したサーバルもそうだったけど、やっぱり毛の生えている頭に興味を持つんだろうか。ジョンさんの後ろ頭をポンポンするゴリラの子供。

gorillafamily2

 ちょっとニオイも嗅いでみよう。
gorillafamily3

 何でここ白くなってるの?
gorillafamily4

 後ろでお母さんがどっしりと構えて見守る中、子供たちはジョンさんに触りたい放題だ。

gorillafamily6

 ジョンさんは身動きできずに固まっているしかない感じ。このあとようやく、満足したゴリラたちに開放してもらえたようだ。

gorillafamily7


 ブウィンディ原生国立公園は、絶滅に瀕しているマウンテンゴリラを間近で見ることができる場所として有名なんだ。ここにはマウンテンゴリラの全生息数のうち、半数に当たる約360頭が暮らしていて、このうちの4つの群れを観察することができるゴリラトレッキングのツアーに参加できる。

 とはいえ、ゴリラの生息地域に入るには許可証が必要で、1日に入れる人数が決まっている。許可を取るには費用もかかるので、日本からならパッケージツアーを利用するのが便利かもね。

 ゴリラトレッキングはけっこう山道がきつく、体力がないと厳しいみたい。また、ゴリラたちに出会えるかどうかは運次第ということで、運良く会えても遠くから眺めるだけということも多いそう。

 というわけで、今回の動画の一行はラッキーな上にもラッキーだったみたいだね。興味のあるお友だちは、旅行先として候補に入れてみてはどうだろうか。それでもしゴリラたちに遭遇できたら、ぜひレポートを送ってほしい。

edited by ruichan

▼あわせて読みたい
手話を操るゴリラのココ、映画の悲しい別れのシーンを見るのはつらい模様


「ママ、ママ、ボクのことも見てよ!」母親の気を引こうとして胸を叩いてみるゴリラの子どもが可愛い


野生動物が鏡を見たらどう反応するのか。アフリカのジャングルで実験してみた結果


「雨さんのいじわる!もう遊んであげないから!」ゴリラの赤ちゃんのしぐさにメロメロ


つぶらなおめめがカワイイ!ゴリラの赤ちゃん初めてのお散歩



このエントリーをはてなブックマークに追加