pandananny0

 マランダーでも大人気、中国の成都ジャイアント・パンダ繁育研究基地のパンダたち。いつも子パンダたちの相手をしている飼育員さんたちを、うらやましいなって思ったことはないかな。今日は毎日パンダまみれになって働いている、飼育員のメイさんをご紹介しちゃうよ。
スポンサードリンク


Nanny Mei Is The Luckiest Woman In The World! | iPanda

 子パンダたちの飼育員さんには、役得がいっぱい。毎日可愛い子パンダたちを間近で見られるのが、何よりの特権だよね。

pandananny1

「ずるいよ、ボクも抱っこして!」と、子パンダたちに大人気のメイさん。ほぼハーレム状態だ。

pandananny2

 冬にピッタリ、パンダマフラーだよ。ちょっぴり重たいけどね。
pandananny3

 魚釣りならぬパンダ釣りを毎日楽しめるのもナイスでしょ。
pandananny4

 お顔のマッサージもしてもらえちゃう。
pandananny5

 両手に子パンダで忙しい。
pandananny6

 パンダをお風呂に入れられる、夢のようなお仕事です。
pandananny7

 メイさんを見ると速攻で集まってきて、まとわりついて離れない子パンダたち。
pandananny8

 仕事は本当に大変だけど、不平なんか言わないよ。だって子パンダたちまみれになって働けるなんて、本当に最高にとろけそうに幸せでしょ?

pandananny9

 子パンダたちもメイさんも、そして他の飼育員さんたちも、ここではみんな幸せそうに楽しそうに過ごしているのは、みんなも既に知っての通り。これからもたくさんたくさんパンダまみれになって、楽しくお仕事してください(そして楽しい動画もよろしくね)。

edited by ruichan

▼あわせて読みたい
大熊猫というからには、やはり猫要素が含まれるのか?カゴに入りたいパンダたち総集編


子パンダころりんすっとんとん。モフモフ可愛い子パンダのコロコロ映像総集編


遊びたいさかりだから。去年の夏生まれた23頭の子パンダたちの記念撮影がフリーダムだった。


「ああもう、きりがないってば!」子パンダたちの大脱走に飼育員さんもつらいよ


「どうしてもこのカゴに入りたいの!」と、飼育員さんと赤ちゃんパンダがガチバトル。掃除の邪魔だけどかわいすぎて許せちゃう?



このエントリーをはてなブックマークに追加