beatendonkey1

 おかげさまでマランダーでも毎回好評をいただいているインドのAnimal Aidの活動だけれど、今回は暴力的な人間に虐待されて大ケガをしたロバを保護したそうだ。ひどい目に遭わされたロバだけれど、人間はその信頼を取り戻すことができるんだろうか。
 
スポンサードリンク


Brutally beaten donkey is loved at last

 ある日のこと、Animal Aidのスタッフは「ロバをパイプでひどく殴りつけている男がいる」という通報を受け、現場へと急行した。そこにいたのは、何度も何度も殴られて、血みどろになった1頭のロバだった。

beatendonkey2

「こんなむごたらしい行為は今まで見たことがない」とスタッフは語る。
beatendonkey3

 ロバはAnimal Aidに保護され、鎮痛剤と抗生物質を与えられた。傷はなんと、全身で20か所以上に及んでいた。顔一面が殴打を受けて腫れ、さらに片方の眼球は衝撃で破裂していたそうだ。

beatendonkey4

 Animal Aidではこの事態を警察に通報し、犯人の逮捕に協力した。ロバを殴った男は告発され、現在裁判を待っているという。

beatendonkey5

 5週間に及ぶ治療の末、ロバは健康を取り戻した。スタッフはヒンディー語で「勇敢」を意味する「ヴィール」という名前を付けたんだ。

 ヴィールは時間とともに人間に対する信頼を取り戻していき、今ではAnimal Aidでの生活がとても気に入っているようだよ。これからもずっと、ここでみんなの愛に包まれて暮らしてね。

beatendonkey6

 Animal Aidでは教育や啓蒙にも力を入れて取り組んでいるんだ。ここで学んだ地域の子供たちが「困っているストリートアニマルを見かけたら助ける」という宣誓をしているよ。

「困っている動物たちを助けます!」


edited by ruichan

▼あわせて読みたい
Animal Aid~見て、きれいな毛並みが戻ってきたよ!ひどい皮膚病を手当てしてもらった犬。


もうちっとも痛くないよ!元気になった子犬たちのはじけっぷりにウルウル(AnimalAid)


Animal Aid~ケガをした赤ちゃんロバの治療を見守るお母さんロバ


Animal Aid~うちの子をどこに連れて行くの?ケガした子ウシのそばを離れないお母さんウシ


お母さんのぬくもりも知らずに捨てられた、生まれたばかりの子ウシを救助



このエントリーをはてなブックマークに追加