6a

 ブルガリアの北西部にあるヴラツァという街に、行き場所のない犬たちを保護している施設がある。イギリス出身の女性、ヘレン・ジェームズさんが資材を投じて2015年に設立したHelen’s House of Hopeである。

 この施設は、3匹の犬からはじまって、現在までに80匹以上の虐待を受けたりケガをしたりしていた犬たちを保護し、手当てをし、彼らが幸せに暮らせる新たな家庭へと送り出しているのだ。
スポンサードリンク

1. 生まれたばかりで、まだ目も開いていないうちに保護された6匹のうちの1匹
1
image credit:Facebook

2. アニーは感染症にかかったあと適切なケアを受けられずに、自分の足を噛みちぎってしまった

2
image credit:Facebook

3. 近所の家に放置されていたこの子犬は、やっと生後1ヶ月といったところか。
3
image credit:Facebook

4. マックスは、彼の耳が聞こえないことに気づいた元の飼い主に袋に詰められ、ゴミのように捨てられた

4
image credit:Facebook

5. エリーは骨盤を骨折し、大けがをした状態で発見された。今はこの通り!
5
image credit:Facebook

6. ミミ(左)とマーリー(右)は現在生後3ヶ月
6
image credit:Facebook

7. この顔を見たら「ダメ」なんて言えないよね
7
image credit:Facebook

8. ヘレンさんは自分の部屋でも犬優先
8
image credit:Facebook

9. この小さい子はまだ目も開いていない
9
image credit:Facebook

10. 彼女が救った犬といっしょにパシャリ
10
image credit:Facebook

 この施設から新たな飼い主のもとへと、安住の地を見つけて引き取られていった犬たちもたくさんいるが、まだ多くの犬が里親を探しているという。たった一人で施設を運営していたヘレンさんだが、最近ではボランティアも集まるようになり、地域社会とも連携して、犬たちに幸せな第二の犬生を見つける手助けをしているのだ。

via:Helen’s House Of Hope: A New Life For The Abandoned And Mistreated Dogs Of Bulgaria translated ruichan / edited by parumo

▼あわせて読みたい
「得意なことは写真を撮ってもらうことです。」元保護動物のカメと同じく元保護動物の犬、今では最高の相棒に


シェルターから家族のもとへ。元保護犬のロキさん、家族との初めての夜


もうちっとも痛くないよ!元気になった子犬たちのはじけっぷりにウルウル(AnimalAid)


人間と目が合わせられない。トラウマを持った犬、エンジェルが新たな家族のもとでハッピーライフを得るまで


8年間ずっとコンクリートの床の上で暮らしてきた元保護犬のローラさん、すっかりふかふかベッド好きに。



このエントリーをはてなブックマークに追加