dropped2

 人間のお手伝いをしてくれる動物たちは今まで何度かご紹介してきた。(関連記事その1関連記事その2

 今回は陶芸家の飼い主に猫の手を貸してあげている感心な猫の個体が発見されたので、その熱心な働きぶりと肉球介入ぶりを見てみよう。

 

スポンサードリンク



 飼い主のウィリアム・ジェフリー・ジョーンズさんは陶芸家であり、芸術家。日々作品作りにいそしんでいるそうだ。そんな忙しい飼い主の肩に乗り、叱咤激励するのが飼い猫さんのお仕事だそうだ。

 時として膝の上で仕事の進捗を確認。膝に乗ってあげることで飼い主にインスピレーションを与えてやるという寸法だなこりゃ。


 並んだ作品たちを採点することにも余念がない。作成の工程すべてに積極的にかかわっているようだ。


 忙しい飼い主が大きなマグカップを作成する際は、自身の肉球を活用してお手伝いする姿も見られた。


 十猫十色、いろんな個性を持った猫が世界中にいる。こんなふうにして猫たちもさまざまな形で人間の労働のお付き合いお手伝いをしているようだ。今後も猫たちに感謝の気持ちを示していかねばならないな。

via:A curious little kitten is really invested in learning about pottery translated kokarimushi / edited by parumo
あわせて読みたい
肉球で痕跡をアピール。存在感を誇示する猫の足跡みてみよう。


猫カフェ+ヨガスタジオ。子猫のいるヨガ風景にきもちがほっこり


「センター交代って言われたし」子猫、野球の試合に参戦し捕獲される。


自習してたんかい。猫が肉球マッサージを学習しているシーンが撮影されていた!?


猫たちも大満足のこの品揃え、この価格!出演者が全部猫なドイツのスーパーのCMが面白い



このエントリーをはてなブックマークに追加