tmg-article_tall (1)a

 去年の12月、センザンコウの赤ちゃんのバティカナは、お母さんといっしょに野生動物の違法取引の現場で押収され、施設に無事保護された。悪人たちの手から救出され、今後は優しいお母さんの愛に包まれて、何事もなく生きていけるのではと思われたのだが…。
スポンサードリンク

 ジンバブエにある保護施設、Tikki Hywood Trustに引き取られてから数日、バティカナのお母さんにはもう子育てをする意思がないことが、誰の目にも明らかになったんだ。

「悲しいことですが、母親がバティカナを拒否しているのは明白でした」と、施設のスポークスマン、エレン・コネリーは語った。「これは自然の本能なんだと思います。母親は生き延びるために、自分か子供かどちらかをあきらめなければならなかったんです」

 そこでスタッフたちは、お母さんだけを安全な環境に放すという苦しい決断をした。バティカナはそのままこの施設で育てられることになったけれど、それはもう二度とお母さんに会えなくなることを意味していた。

tmg-article_tall
imege credit:Tikki Hywood Trust

 3日後、違法取引の犠牲となったセンザンコウがもう1匹、保護施設に連れてこられた。バティカナよりも少し年上の女の子で、キレイなお花を意味するアヤナって名前がつけられたよ。

 アヤナのお母さんは、密猟者に監禁されている間に死んでしまったらしい。密猟の犠牲となったセンザンコウの数は、ここ10年で100万匹に達するんだそう。

tmg-article_tall (1)
imege credit:Tikki Hywood Trust

「センザンコウの赤ちゃんはとっても触感的で、お母さんにいっぱい触れて安心して育つんです」とコネリーさんは言う。「この2匹はだいたい同じくらいの月齢で、同じようなトラウマを抱えています。私たちはこの2匹を、同じ巣箱に入れてみることにしました」

tmg-article_tall (2)
imege credit:Tikki Hywood Trust

 通常、同じ年頃のセンザンコウが触れ合うことはないのだが、バティカナとアヤナの場合は、すぐにお互いに巻き付くようにして抱き合うと、寄り添って眠りに落ちていった。

tmg-article_tall (3)
imege credit:Tikki Hywood Trust

「同じ年頃のセンザンコウがいっしょに過ごすことは、厳密にいえば自然な出来事ではありませんが、その時点では最善の方法だったんです。2匹はそれ以来ずっといっしょに過ごしているんですよ」

tmg-article_tall (4)
imege credit:Tikki Hywood Trust

 センザンコウは地球上で一番密売されている哺乳類で、アジアやアフリカで密猟され、極東に密輸されている。センザンコウのウロコは生薬として珍重され、その肉は珍味として取引されているんだそう。その需要がなくならないせいで、バティカナやアヤナのような生き物たちが、絶滅に追いやられようとしているんだ。

tmg-article_tall (5)
imege credit:Tikki Hywood Trust

 2018年の初めには、この2匹は野生で生き延びれるだけの強さを身につけることができるだろう。「バティカナとアヤナは、きっと2匹いっしょに放されることになると思いますよ」とコネリーさんは語っている。

via:Little Pangolins Rescued Days Apart Are Totally Inseparable Now translated ruichan / edited by parumo

▼あわせて読みたい
お母さんの尻尾にのってゆったり移動するセンザンコウの赤ちゃんがカワイイ


ボク、これならちゃんとミルク飲めるよ!赤ちゃんアルマジロが人間の手からミルクを飲んだ日


このクマめっちゃ好きやねん!オモチャで遊ぶアルマジロが激カワイイ


ちっこかわいい仲間たち。フクロモモンガの赤ちゃんがオーストラリアの爬虫類パークに仲間入り。


母さんって大変だから。オポッサム母さんのよっこらせ~な子育て風景



このエントリーをはてなブックマークに追加