dropped9
 
 羽の抜け落ちてしまう病を持ったインコのレアについて今まで何度かお話ししてきた(関連記事その1関連記事その2など)。

 そんなレアは今、レモンさんというお友達、インディさんという恋の相手も見つかり毎日を謳歌しているらしい。今回はレモンさんとインディさんを紹介したい。

スポンサードリンク

dropped8

 レモンさんとインディさんはちょっと変わった絆で結ばれたコンビだ。2羽はフロリダのパームビーチからやってきた。レモンさんは『PBFD』と呼ばれるインコやオウムに多く見られる羽の抜け落ちてしまうウィルス性の疾患を抱えている。感染力の強い疾患のため、レモンさんはほかの鳥たちと触れ合うことができなかった。ずっと友達がいなかった。同じ病を抱えるインディ以外には。



 羽を失ってしまったレモンさんだが、ファビアナさんという素敵な飼い主がいる。羽があっても羽がなくてもレモンさんを愛し、お世話してくれる。



 そして横にはいつもインディがいた。インディはまだ羽が抜け落ちたりはしていないが、レモンさんと同じ病を抱えている。


 ファビアナさんは、レモンとインディと同じ疾患を持つレアの存在、そして飼い主女性が国外に行くという事情を知った。


 レアを引き取ることにはしたものの、最初は3匹がうまくいくのか不安だったという。しかしついに鳥たちは見事なトリオとなった。



 その後、インディさんはレアさんと恋仲になったようだが、レモンさんとも変わらず仲良くやっているようだ。インディさんはレアとレモンさん2羽を甘やかしてくれる素敵な雄鳥のようだよ。


Bald Birds Find Love In Polyamorous Relationship | CUTE AS FLUFF

via:This Bird Once Had To Live In Isolation, But Luckily, She Now Has The Cutest Buddies translated kokarimushi / edited by parumo
おいおいおいギャングの抗争か?インコたちのミニチマバトルが勃発していた


愛情たっぷりなんだから。羽の生えないラブバードのレア、手編みのセーターを着て冬をハッピーに乗り切っているようだ


羽の抜け落ちてしまう病気を抱える小鳥のレアちゃん、毎朝のお風呂タイムをエンジョイ中


羽のないインコのレア、新しい暮らし、新しい家族に出会う


インコがコインをくわえて貯金箱にGO!はい、チャリ~ン!貯金って楽しいね



このエントリーをはてなブックマークに追加