lionhug0

 猛獣だって、ニンゲンになつくことはある。野生のエルザとか、クリスチャンとか、その固い絆は確かに存在してると思うんだ。

 そんな確信をさらに裏打ちしてくれるような動画を見つけたので、ぜひみんなにも見てもらいたい。人間の女性とライオンのイチャコラぶりったら、ほんとに見てるだけで笑顔になれるレベルだから。
スポンサードリンク


Lions hugging a woman

 柵の向こうから、全力疾走してくる2頭のメスライオン。
lionhug1

 一気に柵までやってくると…
lionhug2

 こちら側にいた女性に思いっきり飛びついて、キスとハグの嵐。
lionhug3

 この甘えっぷりときたら、見てる方まで幸せになっちゃうよ。
lionhug4

 この2頭のライオンは、4歳のマルキアと3歳のアデル。サーカスで生まれ育ったんだけど、この女性、ミカエラ・ジマノーヴァさんに保護されて、今はマルキア・パークという施設で幸せに暮らしているんだ。彼女たちが心を許している人間は、ミカエラさんを含めて3人だけなんだそうだよ。

 マルキア・パークはスロバキアにある保護施設で、サーカスでひどい扱いを受けていたり、虐待やネグレクトに苦しんでいた動物たちを助けるために作られたんだ。そもそもこのライオンのマルキアを保護したことがきっかけで、設立されたんだって。

 ここにはライオンだけじゃなくて、トラやオオヤマネコ、ヒョウ、クマ、ラクダやシマウマ、サル、鳥類からサメに至るまで、数多くの動物たちが暮らしており、園内にはレストランや宿泊施設も完備されている。

 スロバキアまではなかなか行く機会がないけれど、もしそんな機会に恵まれたお友だちがいたら、ぜひマルキアたちに会ってきてレポートしてくれると嬉しいな。

 すっかりリラックスしているマルキア。


 ところでこの動画なんだが、悪意のある誰かにコピーされ、「飼えなくなって動物園に引き取られたライオンと、7年ぶりに再会した感動のシーン」という偽物設定で拡散されてしまったそうで、ミカエラさんは大変心を痛めている。もしそちらのバージョンを信じてる人を見かけたら、ぜひ本当の話を伝えてくれると嬉しいそうだ。

edited by ruichan

▼あわせて読みたい
もっとずっと仲良く遊ぼ!ライオンとカワウソがくるくる遊ぶ風景にほっこりしちゃお


インドライオン出没注意!絶滅寸前から回復しつつある彼らとの、共存の道はどこにある?


ライオンパパの子育て日記。ライオンらしく吠えるレッスンワンツースリー


「アンタどこの子?」リアルライオンVSライオンの着ぐるみ赤ちゃんの第一種接近遭遇


犬と仲良しすぎるバーバリ・ライオン



このエントリーをはてなブックマークに追加