Siphonophore4

 地球上で人類に残された最後のフロンティア、それは深海。宇宙と同じくらい謎とロマンに満ち溢れた、未知の世界だ。今後もこれまで想像したこともなかった生物や、地形や鉱物なんかが登場してくれるんじゃないかな、とひそかにワクテカしている人も多いんじゃないだろうか。今日はそんな深海生物の一種をご紹介しちゃうよ。
 
スポンサードリンク


Stunning Siphonophore | Nautilus Live

 マランダーでも何度かご紹介している、深海探査船「ノーチラス」号からのライブ映像。今回そのカメラにとらえられたのは、世にも奇妙な姿をした生き物だった。

Siphonophore1

 どこが頭なのか、足なのか、そもそもこれは1体の生き物なのか?
Siphonophore2

 この不思議な生命体は、クダクラゲと呼ばれる生き物が群体となって集まったものだそうだ。クラゲという名前はついているものの、1体1体はクラゲのようであったりポリプのようであったりと、様々な形態をしているらしい。

 このクダクラゲの一種で有名なのが、カツオノエボシなんだそうだよ。そのほかにもさまざまな形態のクダクラゲが存在しているらしいので、興味のあるお友だちは夏休みの自由研究のテーマにしてみるのもいいんじゃないかな。

 こんなのもクダクラゲの一種だそうだ。

Siphonophore - Abyssal Descender ®

▼あわせて読みたい
深海をさまよう青白い影の正体は?海の中を優雅に舞うバレリーナをご覧ください


海の底には知らない世界がいっぱい!自分で自分の身体を結んでしまうヌタウナギ(にょろにょろ出演中)


大きなクラゲに癒されちゃう?迫力のエチゼンクラゲと泳ごう


キモカワキレイ?深海のセンジュナマコさんの優雅な動きをご覧ください


これなんぞ?おメメの印象的な生き物を発見!深海探査船からのライブ映像をお楽しみください



このエントリーをはてなブックマークに追加