dropped

 以前マランダーでご紹介した羽の抜け落ちてしまう病気を持ったインコのレアを覚えているお友達っているだろうか。最近ではテレビ番組で取り上げられたりもして、ますます有名になりつつあるようだ。

 そんなレアだけど、何やら最近リア獣の仲間入りをしたらしい。こりゃちょっとしたニュースだ!ってことでみんなに紹介したい。
スポンサードリンク



 レアさんの飼い主のイザベラさん、実はイザベラさんが海外に行くことになり、レアさんをフロリダに里子に出すことになった。愛する娘のレアさんとのお別れは簡単なものではなかったようだ。イザベラさんはInstagramで別れのつらさを切々と語っている。

 
 レアさんにとっての新天地には、どうやらレアさんと同じオウム類嘴羽毛病(PBFD)という病を抱えた鳥たちがいたようだ。同じ境遇だからなのかさっそく3羽は仲良くなった。


 レアと同じように羽のはえていない状態のレモンと、羽はあるけれどもいずれ抜け落ちてしまうインディの2羽と出会い、3羽は仲良く暮らしているようだ。

 レモンとレアはメスのインコ、そしてインディ1羽がオスのインコなのだが、インディさんかわいい2羽の間を揺れ動いてしまい戸惑っているんだとか。

 しかし、インディさんとレアさんの間に特別な絆が生まれたことはいつしかみんなが知ることとなった。

 こんなに熱烈なキスを交わすようにさえ!今まで、「病気だから」という理由で他の鳥と出会うことがなかったレアさんとインディは、どうやらついに運命の相手に出会えたようだ。

 そしてつい先日、ついにレアが初めての卵を産んだそうだ。2羽は仲睦まじく毎日を暮らしている。


 現在はパナマで暮らしている飼い主のイザベラさんもレアの新しい暮らしぶりを少し切なくでもとても喜ばしく思っているようだ。レアさんの卵が無事に孵るのか、そもそも病気の2羽から健康なヒナが生まれるのかなど、手放しで喜ぶには難しい問題もある。

 しかし、今はレアの新たな幸せのことを祝福してあげたい。少し離れたところにいる大好きな飼い主女性、そしてそばにいる家族、レアの今後の鳥生も間違いなく愛情にあふれたものになるだろう。

 レアさんの今後のハッピーライフが気になるお友達はInstagramを要チェックだよ。

あわせて読みたい
愛情たっぷりなんだから。羽の生えないラブバードのレア、手編みのセーターを着て冬をハッピーに乗り切っているようだ


羽の抜け落ちてしまう病気を抱える小鳥のレアちゃん、毎朝のお風呂タイムをエンジョイ中


みんな仲良くちゃぷちゃぷできるよ!1つのボウルで5羽のインコが仲良く水浴びの図


もっとモフってくださいな!子犬のように遊んでもらうルリコンゴウインコ


はたして鳥は色を見分けられるのか?ペットのインコに芸を仕込んでみた結果



このエントリーをはてなブックマークに追加