dropped2
 
 多指症と小人症、そしていつも少し空いてしまう口、病気と障害を抱えて産まれた猫のリルバブをご存じだろうか。ゴミ箱で生まれ、拾われたリルバブは生い立ちこそ不幸だが、その個性的な風貌がチャーミングと言うことで今や大人気の子猫だ。

 そんなリルバブが飼い主とともに旅行に行った際、猫科獣の保護センターを訪れた。その際にトラ大先輩とふれあった時のお話をしようと思う。
  
スポンサードリンク


BUB MEETS TIGERS

 現在およそ5才のリルバブ、今や全米で一番有名な猫と言っても過言ではないアイドルキャットだ。そんなアイドルキャットたるリルバブさんが、トラ先輩と対峙した際に見せた意外な一面を見てほしいんだ。

 こちらがリルバブさん、ちょっと出た舌、驚いたような瞳がかわいいね
dropped8

 小さな仲間にトラ先輩たちも興味津々の模様
dropped9

 仲良くしたいトラたちと、リルバブさんスリーショット
dropped10

 和やかに進んでいた初顔合わせだったが、リルバブさんが突然忘れてきた野性味をあふれさせる。ちょっと威嚇に出てみたようだ。でも小さなリルバブさんの威嚇はかわいいくしゃみのような音だった。

dropped11


 その後も終始トラたちはフェンスに額をこすり付け、モフをおねだりするかのような様子を見せていた。保護センターで暮らすトラたちなので、自分と姿かたちがちょっと違う生き物にも懐こいのかもしれないね。

 リルバブさんとその飼い主さんについての話はまたすることがあるかもしれない。個性的で愛嬌たっぷりなリルバブさんの近況がいち早く知りたい、そんなあなたはInstagramFacebookを見てみよう。

あわせて読みたい
「早くきてー助けてー」足をケガした猫、ニンゲンの助けを求めて叫ぶの図(ケガ注意)


2年でこんなに美猫に。病気だった子猫を保護したら、あらびっくりゴージャスキャットに大変身


生まれながらにして二本足の子猫、愛ある家族の元もうすぐ1才に。


事故で後ろ足を失った猫のプー、最新技術でかっこいい義足を手に入れたよ!


「寒くない?」「ううんポカポカしてる。」保護猫2匹の窓辺の語らいに胸がじんわり熱くなる






このエントリーをはてなブックマークに追加