calf2

 インドのウダイプールで、助けを必要としているストリートアニマルたちに手を差し伸べるAnimal Aidマランダーではもうおなじみになっている団体だけど、彼らの最新のレスキュー風景が届いたのでみんなにもシェアするよ。今日は可愛い子ウシのお話だよ。
スポンサードリンク


Injured baby calf rescued; mama refuses to leave his side

 ご存知のように、インドではそこら中にウシがうろついている。一応、神様の乗り物だとか聖なる生き物とかいうことになってはいるけれど、だからといってうやうやしく扱われているかというとそうでもないという事情については、以前にも書いたとおりである。

 この子ウシは、どうやら足を車にひかれてしまったようだ。親切な誰かが、とりあえず布を巻いて止血をしてくれていたんだけど、動く元気はないらしい。

calf1

 治療するために、スタッフが子ウシを抱き上げると…。
calf3

 子ウシを連れ去られると思ったのか、母ウシが後をついてくる。
calf4

 いっしょに連れて行くから、大丈夫だよ。
calf5

 Animal Aidのスタッフが、丁寧にケガの治療をするよ。蹄が割れてしまっていたので、完治するためには何週間かかかりそうだ。

calf6

 そして現在、バンビと名付けられた子ウシは、すっかり元気になってお母さんといっしょに暮らしているよ。

calf7

 ウダイプールではすっかり町の人たちの信頼も得て、気軽に通報してもらえるようになっているAnimal Aidだけど、インド全体ではこのような活動をしている団体や、シェルターすら存在しない街の方が圧倒的に多いんだ。

 そこでAnimal Aidでは、他の地域でも動物たちの保護に取り組む活動を広げようと、トレーニング・プログラムを開始することになったそうだよ。いつかウダイプール以外の街でのレスキューチームの活躍を、マランダーでご紹介できる日が来るといいね。

▼あわせて読みたい
AnimaAid~インド・ウダイプールの街中では、毎日こんな動物救出作戦が繰り広げられているらしい


Animal Aid~ケガをした赤ちゃんロバの治療を見守るお母さんロバ


よくがんばったね!交通事故で足が麻痺した犬が、もう一度歩けるようになるまで


お母さんのぬくもりも知らずに捨てられた、生まれたばかりの子ウシを救助


よくがんばった!インドで保護された重病の犬が回復するまで(手術シーンあり)



このエントリーをはてなブックマークに追加