blindracoon0

 マランダーでは異種動物間の友情や愛情についてを、永遠のテーマとしているんだが、そんな中でも今回は、とりわけ心を打たれる動画をご紹介しよう。

 目の見えない1匹のアライグマと、彼をこっそり守っているかのような子猫たちの姿を映したものなんだが、守護天使なんてものがいるとしたら、こんな子猫たちなのかもしれないよ。
スポンサードリンク


Blind Raccoon and his bodyguards

 アメリカのシカゴにあるとあるお宅の裏庭。盲目のアライグマがやってきて、ご飯を食べていくそうだ。

blindracoon1

 そこへ静かに現れて、彼を見守る黒い子猫の姿が。
blindracoon2

 アライグマを先導するように、階段のところで待っている子猫。
blindracoon3

 1段1段、「大丈夫だよ」とでもいうようにピッタリと寄り添って降りていく。
blindracoon4

 盲目のせいか、丈の高い草や雪、風や鳥たちが苦手だというアライグマ。2匹の黒猫たちはそんなアライグマを安全に誘導していくかのよう。

blindracoon5

 この盲目のアライグマは、5年以上という長い期間このお宅に姿を見せていたが、残念ながら2015年6月のある日、虹の橋を渡っていったそうだ。野生のアライグマの寿命は通常1~3年ということなので、ハンディキャップにもかかわらず、彼は奇跡的な長生きをしたようだ。

 下唇の一部を失ってしまったため、柔らかい食べ物を与えられていたアライグマ。こんなやさしい気遣いをしてもらっていたので、長生きができたのかもしれないね。

Erynさん(@eryn_09)がシェアした投稿 -



 彼がいなくなったあとも、こちらのお宅にはアライグマたちがやってくるんだそうだ。そのお話はまたいつか、みんなにもお届けできたらと思っている。

 ちなみに、ガーディアンズたる黒猫2匹は、この後正式にこのお宅の飼い猫になったそうだよ。とっても仲のいい兄妹で、今もこうして元気に過ごしているよ。


Another video of the Black Kittens from the Blind Raccoon Video (7/9/2017)

▼あわせて読みたい
アライグマを飼っているご家庭でキャッキャウフフ、と思いきや突然起きたサスペンス


このフワフワを捕まえたい!アライグマのシャボン玉遊びがカワイイと大人気に


ちょ、何するん?てか、オマエだれ?手癖の悪いアライグマにネコババされて猫たちボーゼン


「なぁなぁ、いっしょにお散歩しよ。友達になってーや」なアライグマの子供がいとおしい


綿あめはどこに消えたの?アライグマの悲しい習性が引き起こした悲劇



このエントリーをはてなブックマークに追加