Hagfish2

 見方によっては、宇宙空間よりも謎なロマンに満ちている深海の世界。発見されていない未知の生物や、まだまだ人間にはなじみのない生き物たちも、たくさん存在するといわれている。そんな海の底から、今日はヌタウナギさんをご紹介しよう。
スポンサードリンク


Hagfish Ties Itself Into a Knot | Nautilus Live

 深海探査船「ノーチラス」号からのライブ映像から、今回はヌタウナギさんをご紹介しよう。

 ナマコやヒトデがたくさん集まっている海底。
Hagfish1

 そこでカメラがとらえたのは、1匹のヌタウナギの様子だ。
Hagfish4

 くねくねと身をよじらせながら、自分から結び目を作っていくヌタウナギ。
Hagfish5

 結んだりほどけたりを繰り返しているみたいだね。
Hagfish6

 ヌタウナギは、ウナギという名前がついてはいるけれど、ウナギというよりはヤツメウナギに近いんだそうだ。この映像では深海に生息しているヌタウナギを映しているが、日本近海では浅い場所にも生息していて、特に韓国では食用として利用されている。

 皮膚からは粘液が分泌されていて、ぬるぬるしているのがヌタウナギという名前の由来のようだ。ヌタウナギの詳しいビジュアルについては、カラパイアで以前取り上げているので、そちらの記事もぜひ見てほしい。

▼あわせて読みたい
馴れ馴れしく触ってんじゃねぇ!海底で遭遇したウツボのキシャー!にダイバーもビックリ


キモカワキレイ?深海のセンジュナマコさんの優雅な動きをご覧ください


これなんぞ?おメメの印象的な生き物を発見!深海探査船からのライブ映像をお楽しみください


ワタシ意外と器用でしょ?二枚貝が砂にもぐる、その一部始終を激写してみた


ナイフで武装か?ギャングスタなカニの個体が発見されていた



このエントリーをはてなブックマークに追加