dropped
 
 日本でも今年は「スーパー猛暑」とやらがきているってことで、毎日異常気象だったり真夏日だったりが続いている。

 ご近所の国、中国重慶市(チョンチン市)は中国でも毎年最も熱くなる地域の一つなんだそうだ。そんな重慶市の動物園に住む、動物たちの夏の過ごし方を見てみよう。
スポンサードリンク


Giant pandas love ice cubes so much

 中国重慶市にある重慶動物園は広さで言うと45万平方メートルの広大な動物園。パンダはもちろん、ライオンやキリン、ペンギンなんかもいるらしい。

 そんな重慶市、すでに気温が38℃の真夏日を迎えている。過酷な暑さに動物園がどう対処しているのか、動物たちの涼み方を見てみよう。

 パンダたちには氷の板をあげて涼んでもらってんだって
dropped

 この日は朝から35℃。ハードな一日のスタートだ。
dropped1

 差し入れに水分たっぷりのスイカ、熱中症予防の扇風機などもあるとのこと
dropped2

 うだるような暑さに弱い子たちにはエアコンも準備されているそうだ
dropped3

 ゾウ達も適度に栄養を取って夏バテ防止しているみたいだよ
dropped4


 こうも暑かったりすると、確かにモフモフ系の生き物たちのことが心配になってくる。動物園の飼育員さんたちも自分のことはともかく動物たちを大切にしてくれているようだ。

 みんなのお家では、ペットたちにどんな工夫をして夏をしのいでもらってるのかな。参考までに聞かせてもらえたら嬉しいな。

あわせて読みたい
夏はもうすぐそこ!ビーチを満喫している動物たちの様子をまとめてお届け


動物に習う素敵な夏の過ごし方。アイスを一緒に食べる犬とキツネのいる風景


プール大好き!シベリアン・ハスキーのプールサイドでのきゃっきゃうふふ総集編


オーストラリアで熱波。暑さに苦しむコアラたちの救出作戦


白い砂浜とエメラルドグリーンの海。そしてブタが泳ぐトロピカルビーチはいかが?



このエントリーをはてなブックマークに追加