cat-3_e
 
 レイモンド・マクナマラさんは御年20才になる猫のリリーさんとともにアメリカ全土を旅していた。リリーさんはシニア猫、そして目が見えず耳も不自由にも関わらず、大好きなレイモンドさんとの冒険を楽しんでいたという。

 しかし今年の初めにフロリダ南部を旅していた際、リリーさんは行方不明になってしまった。
スポンサードリンク

net]

 愛するヒマラヤンのリリーさんを探しまわったレイモンドさんだったが、リリーさんは見つからなかった。あちこちの動物愛護団体や警察などを訪ねたが、やはりリリーさんは発見されなかった。リリーさんの不在はレイモンドさんの心を悲しめはしたが、レイモンドさんは絶対に愛猫と再会することを諦めなかった。

 レイモンドさんの話を聞き、SSARという動物保護団体は捜索隊を組織してくれたそうだ。それでも見つからないリリーさんを思い、レイモンドさんの心はさらに深い悲しみに暮れていたという。

 しかしそれから2か月後、SSARスタッフのキャシーさんはFaceBookで1通のメッセージをうけとった。

 「ある女性が、迷子の猫を建設現場のそばで保護したと知らせてくれたのです。何度かメッセージをやり取りしているうちに、私はその猫がリリーだと確信するようになりました。」

net]

 情報のおかげでリリーはすぐに保護され、獣医のもとに連れていかれた。猫年齢20才といえば、かなりのお年寄りだ。リリーさんは険しい熱さや雨に耐えられたのは普段の冒険によるものなのかもしれない。キャシーさんらスタッフたちはリリーさんを手厚く看護したという。

 そしてついに旅の欠かせない相棒であり、家族の1匹と1人は再会することができた。

net]

 目が見えなくても、大好きな飼い主の匂いは覚えていたのだろう。再会するなりリリーさんはレイモンドさんにおでこを擦りつけていたという。

 「彼は愛猫と再会できたことで泣き崩れていました。もう絶対両者が離れることはないでしょう。リリーは彼にとって何よりも大切な存在なのですから。」とキャシーさんは語った。

net]

 今レイモンドさんは最愛の猫を再び腕に抱くことができて最高に幸せなのだそうだ。そしてもちろんリリーさんだって幸せに違いない。

 シニア猫のリリーさんは、レイモンドさんより一足先に虹の橋に旅をするかもしれない。でもそれは今じゃない。まずは互いの離れていた間の冒険譚でも話し合っているのかもしれない。1人と1匹の人生と猫生はこれからさらに幸福なものになっていくだろう。

net]


 こちらはレイモンドさんとリリーさんが再会した際の動画

Lily the cat's reunion (2)

via:Man Burst Into Tears When He Found His 20-year-old Beloved Deaf Cat... translated kokarimushi / edited by parumo 
あわせて読みたい
2年でこんなに美猫に。病気だった子猫を保護したら、あらびっくりゴージャスキャットに大変身


1匹救ったつもりがハッピー大所帯!身重だった黒猫が保護され、無事に出産したようだ


満身創痍で保護され、「悲しい顔の猫」と言われたベンベンさんが愛情いっぱいの家族のもとですくすく回復


大きな手が幸せを呼ぶ?多指症の猫、通称ヘミングウェイ・キャット親子の保護ストーリー


「命にはかえられねぇ!」子猫の救出のため高級車を破壊することにした男性



このエントリーをはてなブックマークに追加