whaleshark1

 意外にも、マランダー初登場のジンベイザメ。みんなもよく知っていると思うけれども、地球上に存在する魚類の中では一番大きい種族である。身体は大きいけれども性質はいたって温厚で、ダイバーにとっては憧れの魚であることは確かだと思う。

 今日はそんなジンベイザメをご紹介するんだけれど、ニンゲンの使っていた漁網が身体に巻き付いて、取れなくなってしまっている個体が発見されたんだ。ダイバーたちが助けようとしている映像を、ぜひご覧いただきたい。

スポンサードリンク


A Whale Shark Cooperates with the Diver Saving Him

 メキシコの沖にあるレビジャヒヘド諸島で撮影されたこの動画。巨大なジンベイザメとニンゲンの、大きさの対比がおわかりいただけるだろうか。

whaleshark3

 このジンベイザメの胴体には、漁業に使われる網が巻き付いて、ヒレにまで食い込んでしまっていた。

whaleshark2

 ダイバーがナイフを取り出して、この網を切ってやろうとしている。
whaleshark4

 かなりの太さがあったが、無事に切ることに成功した。貝かフジツボのようなものがビッシリとついてしまっているね。

whaleshark5

「こんなもんが巻き付いていたんだよ!」とカメラに向かってアピールするダイバー。
whaleshark6

 ジンベイザメはこのまま泳ぎ去っていったようだが、世界じゅうの海でこのようにニンゲンの廃棄した釣り糸や網でケガをしたり、命を失ったりする生き物が急増中なんだそうだ。

 宇宙デブリの処理方法が話題になっている昨今だけれども、海の中もキレイにお掃除しておかないと、地球人としてちょびっと恥ずかしいんじゃなかろうか。

▼あわせて読みたい
サメにもわんこ要素あり?大きなサメを思いっきりモフるダイバーたち


サメといっしょに泳いじゃおう!南国の美しい海でサメとのふれあいを満喫している動画


カリブ海でこんなバカンスはいかが?エイといっしょに泳げるビーチ


馴れ馴れしく触ってんじゃねぇ!海底で遭遇したウツボのキシャー!にダイバーもビックリ


ディープな海でディープな触れ合い。巨大なエイとスキンシップ



このエントリーをはてなブックマークに追加