seathroughcanoe5

 ジュゴンと並んで、人魚伝説のもとになったんじゃないかなどともいわれているマナティー。カヌーに乗っていたら、人懐っこいマナティーが近づいてきて、あとをついてきちゃったんだ。今日はそんなハッピーなできごとを写した動画をお見せするよ。
 
スポンサードリンク


Snorting Manatee follows the See Through Canoe all the way home

「こんにちは、ニンゲンさん」
seathroughcanoe1

 透明な素材でできているシースルーカヌーだから、こんな風にカヌーの下の様子が見えちゃうんだ。下をくぐっていくマナティーも、ほらこのとおり。

seathroughcanoe2

「ねえねえ、何してるの? いっしょに遊ぼうよ」
seathroughcanoe3

 つかず離れず、カヌーのあとをついてくるマナティー。
seathroughcanoe4

 とうとう、陸に上がるまでお見送りしてもらっちゃったらしい。
seathroughcanoe6

 好奇心旺盛で人懐っこいマナティーは、こうやってボートなどに近寄ってくることも多いそうなんだけど、そのためにスクリューなどでケガをしてしまうこともあるらしい。姿を見せてくれるのはうれしいけれど、無防備にボートに近づいてしまうのも困りものだね。

 ここに登場するシースルーカヌーは、日本ではシースルーカヤックやスケルトンカヤックという名前で、いろんな観光地で乗ることができるみたいなので、この夏海に行ったときに、機会があったら体験してみてもいいんじゃないかな。マナティーが来てくれるかどうかはわからないけどね。

 運が良ければ、こんなウミガメさんに会えるかも。

Really Big Sea Turtle Under the See Through Canoe in the Florida Keys

▼あわせて読みたい
主人がオオアリクイに殺されたとかそんなの関係なく。オオアリクイ親子のほのぼのお散歩シーン


「お前はワイのしゃ、しゃ、舎弟やねんから。」アリクイさん、カンガルーの赤やんに威嚇を試みる


バク、お前もか。甘えん坊のバクはモフが大好きだった


不思議かわいい。生きる化石、カモノハシさんもモフが好きだった。


事件はサファリパークで起きていた。ラマが車に首を突っ込み、ご飯を強奪していた模様



このエントリーをはてなブックマークに追加