lionsinindia1

 ライオンというと、アフリカのサバンナを思い浮かべる人が大半だろう。だが、アジアの国インドにも、数は少ないがライオンたちが生息していることをご存じだろうか。今日はそのインドライオンたちに焦点を当てたお話をしようと思うんだ。
 
スポンサードリンク


VTV- LION FAMILY ON THE ROAD, JUNAGADH

 この動画が撮影されたのは、インドのグジャラート州にあるジュナガルという街だそうだ。ここには歴史のある砦や寺院があって、バックパッカーがたまさかには訪れるけれども、いかんせん遠いので外国人が押し寄せる観光地というわけではない。

 だがこのジュナガルに近いギル国立公園は、インドライオンが唯一生息していることで有名な場所なんだ。

lionsinindia2

 インドライオンはアフリカのライオンに比べ、身体が一回り小さくて、たてがみが短いのが特徴なんだそうだ。最盛期にはインド亜大陸だけではなく、中東から地中海地域にまで生息地を広げていたらしいんだが、乱獲などでその数を減らし、今ではこのグジャラート州にしか存在しくなってしまった。

lionsinindia3

 一時は15頭まで激減して絶滅の危機にあったインドライオンだが、ジュナガルにある繁殖センターで人工授精などの努力を続けた結果、2015年には500頭を超えるまでにその個体数を回復させている。

lionsinindia4

 しかし、数が増えたライオンたちは、保護区を出て人間の住む町の中までやってくるようになってしまった。現在、ジュナガル近辺では家畜や人間が襲われて、犠牲になるという事件が増え続けているのだという。

 インド政府はライオンたちを別の場所にも分散させて、一か所の個体数を減らそうという計画を立てているものの、なかなかうまく進んでいないようだ。ライオンたちのためにもなんとか早く手を打って、人間とライオンが共存していけるような環境を作り上げてほしいものである。

 近隣の村で、ウシがライオンに襲われた映像を下に貼っておくので、関心のある方は見ていただきたい。殺されたウシも写っているため、閲覧注意(叫び声の音量にも注意)ということでお願いしておこう。


AMAZING PERILOUS VIDEO ! A LIONESS entered in VIRPUR village in the day and killed cattle at center

▼あわせて読みたい
これがほんとの近すぎちゃってどうしよう!クルマのドアを開けるライオン


ライオンパパの子育て日記。ライオンらしく吠えるレッスンワンツースリー


犬と仲良しすぎるバーバリ・ライオン


自分、百獣の王ですが何か?わら玉を与えられたライオン先輩がネコまっしぐら


アウチ!しっぽを挟まれたライオン



このエントリーをはてなブックマークに追加