budgies6

 ペットの小鳥としては、文鳥やカナリヤと並んで普遍の人気を誇っているのが、セキセイインコではないだろうか。セキセイインコはオーストラリア原産の鳥なんだけど、野生の世界で生きている姿を見たことのある人はあまりいないんじゃないかな。

 オーストラリアの大地に舞う彼らの姿は、壮観を通り越し言葉を失うほどの光景だ。そんなわけで、今日はオーストラリアの空を自由に羽ばたくセキセイインコの姿をぜひ見てもらおうと思うんだ。
 
スポンサードリンク


Biggest Swarm of Budgies

 セキセイインコは漢字で書くと、「背黄青鸚哥」、つまり黄色と青(緑)の色をしたインコという意味だそうだ。原種のセキセイインコはその字の示すとおり、黄色と緑の色が鮮やかな鳥なんだよ。

 枝にたわわに実ったセキセイインコいかが?
budgies1

 地面の上にもたくさん。
budgies2

 いっせいに飛び立つインコたち。
budgies3

 カンガルーも覆われてしまう。
budgies4

 一面が黄緑に染まる。
budgies5

 遠目に見ると、とてもセキセイインコの群れだとは思えないよね。
budgies7

 野生のセキセイインコ、いかがだったろうか。セキセイインコはオーストラリア全土に分布しているといわれているけれど、都市のある沿岸部では、野生のセキセイインコの群れはやすやすとは見ることはできないらしい。

  1ヶ所に定住するわけではなく、エサや水を求めて移動する習性があるそうなので、もしオーストラリアで野生のセキセイインコを見たいというお友だちがいたら、現地のバードガイドに相談するのが一番確実みたいだよ。

▼あわせて読みたい
コロコロコロコロ…ね、ボク上手にできるでしょ?玉乗りを愛してやまないセキセイインコ


もっとモフってくださいな!子犬のように遊んでもらうルリコンゴウインコ


もはやはっきりさせるまでもないのか?インコVSドッグの上から目線な関係総集編


どちらが下僕なのか、そろそろはっきりさせようじゃないか。インコVSキャットの微妙な駆け引きシーン総集編


歌があれば種族の違いなんて!インコと人間の美しいデュエット



このエントリーをはてなブックマークに追加